「ごめんね」の一言が夫婦には必要だよ

夫婦仲が悪い

「これ、やめてほしいんだよね」

 

僕はそう訴えた。

今日だけじゃない。

これまでだってそう。

何度も何度も伝えている。

 

 

「僕はこれをされるの、嫌だから。

 やめてほしいんだよね」

 

 

そしたら、彼女がこう言った。

 

 

「じゃあ、私もこれをやめてほしい」

 

 

なぜいつもそうなるのだろう…。

 

 

一言、

「ごめんね」って言ってくれたら、

それでいいのにな。

 

 

それじゃあ、いつだって平行線じゃないか。

それじゃあ、いつだって物別れじゃないか。

 

 

こんなこと、もう何度も繰り返してきた。

本当はけっこう嫌になってきていたりする。

  

 

(またか…)と心が悲鳴をあげる。

 

 

言いたいことが言えない人って多い。

とりわけ女性には多いような気がする。

 

 

 

女性とセッションしていて、

「それ、旦那さんに伝えたこと、ありますか?」

と尋ねる機会が多いのだ。

 

 

決まって、

「伝えたことがない」

と言い、

「でも、きっと伝えても無駄」

と返される。

 

 

まず、「伝える」が大事だ。

 

 

だが、「伝える」ならば「タイミング」も重要だ。

 

 

「これ、やめてほしいんだよね」と伝えた僕。

そのとき、僕の脳は「不快」な状態である。

STR的に言えば、脳が「真っ赤」な状態。

 

 

嫌なことをされていて、それを「やめてほしい」と訴えているのだから仕方がない。

 

 

そんな状態のときに、「じゃあ、私もこれをやめてほしい」と言えばどうなるだろう?

それを素直に「そうだね」と受け止められる人は少ないだろう。

 

 

何かを伝えるときは、相手の状態を眺めたい。

不快なときに「伝える」と炎上する。

もしかしたら、僕が「これ、やめてほしいんだよね」と伝えたときの彼女の状態が悪かったのかもしれない。

 

 

まあ、いずれにせよ、一言「ごめんね」ですむ問題だと思うけど。

 

 

僕は相手のSTRスコアを知っている。

だから、半分は心の中で「仕方ないよね」って思いで納得させる。

でも、半分の心は受け止めてもらえなかった悲しみで埋め尽くされる。

 

 

絶対に「ごめんね」と言わない。

心の中で(なんで、一言、ごめんねって言えないのだろう)とつぶやきながら、僕は息子とお風呂に入る。

 

 

で、寝かしつけて、一緒に寝落ちして、目が覚めて、パソコンに向かう。

一晩経つと、人間ってちょっと冷静になる。

そして、その気持ちを振り返る。

 

 

やっぱ書くって大事だな。

 

 

んでもって、

「まあ、お互い様なんだろうな」と結論づけてみる。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。