◯の人はただ話を聞いてほしいだけなのにな♬

千葉でSTR講座

ある奥様の話。

ワンオペ育児と押し寄せる家事。

そのうえ、旦那さまとはコミュニケーション不足。

 

 

いわゆる産後うつになりました。

一人で自分を責め続ける日々。

 

 

(私が悪いんだ)

 

反射的に自分を責め続けた結果、

彼女の心は崩れていきました。

 

 

◯の人は「話す」が大事。

「話す」は「放す」。

「話す」は「離す」。

 

 

1から10まで話したい◯の人。

自分で話すことでゴールにたどり着く。

だから、◯の人は「話すこと」が大事なんですね。

 

 

そんな話をしていたら、奥様がおっしゃいました。

 

 

「でも、私、友達とたくさん話したんですよ」

 

 

「けれど、話すたび、自分を責める気持ちが強くなったんです」

  

 

 

 

 

「へ〜っ。どんな感じだったの?」

 

 

 

 

「隣の芝生が青く見える感じかな。他の旦那はいいなって」

 

 

そうね。

アドバイスは添加物なのだ。

 

 

「もっとこうしたらいいのよ」

「ウチはこうしてるわ」

 

 

そんな言葉が人を傷つける。

アドバイスが人を傷つける典型的エピソードです。

 

 

良かれと思って伝えるアドバイス。

でも、それ、相手を傷つけちゃうんだ。

 

 

「もっとこうしたらいいのよ」

「ウチはこうしてるわ」

 

 

そう聞かされるたび、奥様は自分を責めるようになりました。

 

 

 

 

「聴くこと」にはスキルが必要です。

「ただ聴く」って案外難しいものです。

 

 

◯の人は「話したい」んです。

「放したい」し、「離したい」。

 

 

ただ、黙って。

ただ、優しくうなづいて。

「そうだね」「そうだね」って受け止めてもらいたい。

 

 

だからね。

あなたが◯ならば、話せる場所をもつといい。

僕が創るコミュニティーはそんな場所です。

 

 

安心安全な場。

そのままの自分を出しても許される場。

そういう場所が必要なのですよ。

 

 

あなたらしく生きるための魔法の質問

あなたを丸ごと受け止めてくれる場所はありますか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。