繊細なあなただから、人に優しくできるのです。=デリケートな人ほど感度が高いお話=

STR 素質適応理論

パワフルさんではキャッチしにくいんですね、デリケートさんの気持ちって。

僕がそうでした。

パワフル33。

適応値が高い学校の先生でした。

 

 

「先生のクラスの○◯ちゃん、ちょっと表情暗いんだけど、何かあったかな?」

 

そんな助言をくださる先生がいました。

僕にはそんな風には見えないんですね。

 

 

それでも一応、そんなことを言われますと気になるもので。

当の○◯ちゃんを呼びまして、「なんか元気ないみたいだけど、どうした?」なんて尋ねるわけです。

 

 

そうすると決まって「実は…」なんて話になりまして。

僕は気がついてあげられないことが多々ありました。

 

 

10年15年と学校の先生としてのキャリアを積み重ねるうち、注意深く子どもたちを観察する術を身につけましたし、良き人間関係を作って相談しやすい関係づくりを心がけてきました。

また、チームプレーですから、養護教諭の先生や特別支援学級の先生、スクールカウンセラーの先生とも連携を図りながら生徒指導を進めてきました。

 

 

学級担任が抱え込んじゃいけないんですね。

これ、連携プレーなんです。

 

 

僕はパワフルな人間です。

全体指導向きの先生なのですね。

 

 

よく講座などでお伝えするのですが、修学旅行で東京に行きました。

人でごった返した東京駅、生徒数200名。

 

 

僕が前に立つだけで、みんながこちらを振り返る。

なんなら歩いているサラリーマンもこちらに視線を送る。

うむ、これが適応値パワフル。

 

 

一方で、感度は低い。

人の気持ちを感じる能力はイマイチ。

 

 

大切なことは自分を知り、仲間を知ること。

適材適所、連携プレー。

それぞれのお役目がありますね。

 

 

繊細なあなたは、その感度の高さでこの社会に貢献していけばいい。

みんなと同じ方向を目指さなくたっていいんです。

あなたはあなたのまま、あなたの命を生かせばいい。

 

 

僕は今、そんなことを考えています。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。