気遣いなのか、それともお節介なのか〜こうして起こる、◯と□のすれ違い〜

STR 素質適応理論

「□タイプ」「○タイプ」は優しい人と一般的に思われがちです。

よく気がつき、あれこれお世話を焼いてくれます。

聞かれなくても、いろいろ教えてくれるのも「◯タイプ」。

損得ではなく、良かれと思って。

ただただ良かれと思って他者に貢献します。

 

 

先日、□タイプの人たちとおしゃべりしていましたら、

「聞かれなきゃ教えないし、頼まれなきゃ手伝わない」

と言っていて、

(なるほどな…) 

と思いました。

 

 

ここだけを読むと、「□タイプ」って何て冷たいんだろう…って思うかもしれません。

でもね、間違えないでください。

これもまた、「□タイプ」の優しさなんです。

 

 

「□タイプ」は「自分のペース」を大事にします。

ですから、他者も「自分のペース」を大事にしていると思っています。

聞きたいと思ったら聞くし、助けてほしいときは「助けて」と言えばいいからです。

したがって、「□タイプ」同士ならすれ違いは起こりません。

 

 

一方で、「○タイプ」はなかなか「教えて」とは言えないし、「助けて」とも言えない。

相手のことを考えるからこそ、自分のこととなると言えないんですね。

だからこそ、相手のタイプのことは考慮にいれず(きっと、この人も「教えて」とか「助けて」とか言えないんだろうな)ということを考えて、あれこれお世話を焼きます。

 

 

 

とってもいい人なんですね。

でも、その優しさが「□タイプ」にとって、時に窮屈に感じ、お節介だな〜と思うことも多いのです。

 

 

どちらも悪意はありません。

ただ感じ方が違うというだけです。

 

 

でも、感じ方は目には見えません。

僕らはSTRを通してその感じ方の違いを可視化しているけれど、一般的にはこれらの違いは目に見えないものです。

だから、僕らはすれ違います。

 

 

そして、もう一つ大事なことがあります。

□タイプの人は、はっきりとした物言いをします。

ちょうど漫画の「□タイプ」の言葉もそうです。

オブラートに包まない。

 

 

だから、◯タイプを傷つけてしまう。

僕も□タイプですが、それでも他者の「□タイプ」の言葉にドキッとすることがあります。

気をつけたいなぁ…と思います。

 

 

「□タイプ」のはっきりした物言いは交渉の場では有効ですが、人間関係を築く上ではマイナスかもしれません。

一方で、「◯タイプ」のオブラートに包んだ言い方だと、上手に意図が伝わらないかもしれませんね。

コミュニケーションって本当に難しいものです。

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。