100人に一人の逸材になる方法 〜まずやってみる、飛び込んでみる!〜


「チャンスの神様」は前髪しかない、と言われて久しい。

誰もが知っている言葉なのだが、「チャンスの神様」の前髪をちゃんと掴める人は少ない。

ほとんどの人は準備不足のため、前髪を掴み損ねる。

 

 

いつも準備だけはしておいて、「チャンスの神様」がいらっしゃったら、さくっと掴みたい。

多くの人が「家族」を理由に、「お金」を理由に、「時間」を理由にチャンスを逃す。

多くの人が「家族」を、「お金」を、「時間」を、やらない理由にしてしまう。

 

 

心の中では「飛び込みたい」と思っていても、自分の心にブレーキをかける。

そして、死ぬ間際に後悔する。

 

 

「もっと冒険しておけばよかっった」と。

 

 

実に高齢者の80%が死ぬ間際に後悔するのだそうだ。

でも、やっぱり人は「やらない理由」を探す。

やらない理由を探してあきらめる人が約90%。

 

 

だから、勇気をもって飛び込めるだけで10人に1人の逸材。

でも、今度は飛び込んだはいいけど、行動しない人が約90%。

 

 

「○○講座に出ました。でも、学んだことは生かしてません」って人が90%。

実際に行動に移す人なんて、ほんの一握り。

これが実態である。

 

 

そして、こういったことは小額の講座でも高額の講座でも変わらない。

多くの人が「お金を払ったこと」に満足してしまい、そのあと払った以上の価値をリターンすることを忘れる。

 

 

だから、100人に一人の逸材になる方法は簡単である。

「チャンスの神様」が来たら、言い訳などせず「前髪」をガッチリ掴むことである。

もちろん、それが「チャンスの神様」なのか「不幸の始まり」なのかは、よくよく吟味する必要がある。

 

 

僕がいつもお伝えしているのは、「お金が儲かりそう」みたいな「お金絡み」のときは、いったん「お金」を切り離して考えよう、と教えている。

「お金」が絡むと、人の「脳」はバグるから、俯瞰した「ものの見方」」ができなくなる。

「儲かる、儲からない」は横に置いておいて、まず「それが好きか」「その人が好きか」「そこに身を置きたいか」「それをやってる自分はかっこいいか」、そんなことから考えるといい。

 

 

「お金は脳をバグらせる」と覚えておこう。

 

 

そして、「チャンスの前髪」を掴んだならば、そのチャンスを何倍もの価値に変える方法を考え、行動しよう。

僕の場合、マツダミヒロさんが主宰する『魔法の質問』の認定マスターになった。

40万円を超える講座だけど、ポジション、お金、人脈など、その価格を超える価値を僕は回収している。

STRも100万円近く使っているけれど、当然その何倍もリターンをいただいている。

今度、また8桁万円の講座を受講しているのだけど、当然それ以上のリターンを見込んでいる。

 

 

なぜか。

 

 

僕は行動するからである。

それも誰よりも行動するからである。

こういうときの反骨精神っていうのかな。

「やる」って決めてからの「行動力」は僕の最大の武器だ。

 

 

この地球は、行動する人間にしか微笑まない。

悩んでも考えても、その歩みは一歩も進んでいない。

だから、まずやってみる!が大事。

 

 

一歩踏み出さないと二歩目は出ないから。

飛び込んで行動したら100人に一人の逸材。

動かない奴の人生は変わらないんだよ。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。