夫婦のトリセツ☆妻の言葉を額面通りに受け取るな!


あるご夫婦の会話です。

旦那さんは直球型、奥様は変化球型。

STRスコアから読み解けます。

 

 

旦那さんがテレワークになって、ずっと家にいるんですね。

家にいるのだけど、会話がない。

仕事に没頭しています。

 

 

特に何か要求することもない。

黙々と仕事をする旦那様。

 

 

◯タイプの奥様としては寂しいわけですが、旦那様は気に留めるそぶりもありません。

でも、気が休まらないんだそう。

旦那さんのテレワークが始まって「気が休まらない」という愚痴はよく耳にする妻たちの言葉です。

 

 

それで、変化球型の奥さんが言いました。

 

「私の居場所がない」と。

 

 

直球型の旦那様は怒り出しました。

 

「俺は邪魔なのか?」と。

 

 

旦那さんは黙々と仕事をしています。

何の迷惑もかけていないのに…、と憤慨しています。

存在そのものが邪魔と受け取った彼は怒りました。 

 

妻は「そうではない」と言います。

「邪魔とは言ってない」と。

 

 

旦那さんはこう答えます。

 

「俺がいると居場所がないなら出て行けばいいのか?」と。

 

夫は怒り、妻はあきらめる。

人間関係のすれ違いは、いつだって「伝わらない」から始まります。

 

 

直球型の旦那様は額面通りにしか受け取りません。

「あなたがいると居場所がない」→「あなたはいない方がいい」。

 

 

こう受け取るんですね。

 

 

一方、変化球型の妻の「居場所がない」はそんな意味ではないのです。

「あなたが話をしてくれないから寂しい」なのです。

 

 

おそらくあなたが変化球ならば妻の気持ちがわかるでしょうし、直球型ならば夫の気持ちがわかるはずです。

 

 

 

伝えたいことを直球で伝える人と変化球で伝える人がいます。

知っていれば夫婦の衝突は回避できますよね。

 

 

たとえば、こんな事例もあります。

 

 

変化球型の妻が「離婚したい」と言う。

直球型の夫は「妻は離婚したいんだ」と受け取る。

 

 

妻が言いたいのはそんなことじゃない。

「そんなふうなら離婚するよ。仲良くしようよ」

なのかもしれない。

 

 

そう…。

「なのかもしれない」だから、困るんだけどね。

もしこのことを知っていたら、「離婚」というものを回避できたのかもしれないわけです。

 

 

僕らは「日本語」という一つの言語で話していると勘違いしています。

本当は通訳が必要なのです。

 

 

直球型の人間の「日本語」と変化球型の人間の「日本語」は別言語。

だから、通訳が入らないと伝わらないのです。

これはGoogle翻訳でも翻訳できないから厄介なのですね。

 

 

僕らはSTRを通して、その人の内面を可視化しています。

その人の脳の傾向を知り、対策を練ることができます。

 

 

知ってるのと、知らないのとでは大違い。

男と女、とりわけ夫婦ってのは難しいよな、と思います。

くればやし ひろあき

・株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役

・TikTokフォロワー8万人の「くれちゃん先生」としても活躍中。人間関係や教育についての動画を配信

・1978年、愛知県生まれ。16年間公立中学校の教員として3,000人以上の子どもたちを指導。名古屋市内で最も荒れた中学校で生徒指導の責任者を務め、その後、文部科学省から上海に派遣され、当時世界最大の日本人学校であった上海日本人学校の生徒指導部長を務める。

・互いの「ものの見方や感じ方の違い」を理解し合うことで、他者に寛容な社会を実現したいと願うようになり、2017年独立。

・独立後は、教員時代の経験を活かし、全国の幼稚園や保育園、学校などで保護者向け講演や教職員研修を行う。2018年・2019年には、100人のボランティアスタッフを束ね『子育て万博』を主催。今年10月にパリコレクションのキッズ部門を日本に誘致して開催された『Japan Kids Fashion Week2021』において、全体計画及びキッズモデル・ボランティアスタッフ総勢150名のマネジメントを担当。

・2020年11月、「スタッフみんなが、明日も生き生きと来る!」を理念に、株式会社ミナクル組織研究所を設立。経営者、教職員、スポーツ指導者など、組織のトップや人を指導する立場の人たちから依頼を受け、人間関係づくりやチームづくりに関する講演や企業研修、教職員研修を行っている。経済産業省の事業再構築事業として人材分析システムを開発中。