やっぱり人はすれ違う!プライオリティーの違いで見る、脳の傾向3タイプ


□タイプはケチで、冷たくて、ヒトデナシ(笑)

…と◯タイプに揶揄されることが多い。

 

 

それに対して□タイプは何も文句を言わないから

「納得しているのだろう…」

と思われがちです。

 

 

先日、□タイプの女性が

「□タイプだって、そんなこと言われたら傷つくよね」

なんて話しておりました。

 

 

さてさて、この◯タイプ、□タイプ、△タイプの1番の違いは何でしょうか?

…というのが今日のテーマです。

 

 

僕はプライオリティー(優先度)の違いだと思うんですね。

「何を大切にしているか」

この違いです。

 

 

◯タイプは「人間」を大切にしています。

 

 

いい人に思われたいし、いい人でいたい。

だって、「人間」が大切なんですもの。

 

 

要するに「他者」を大事にする。

「他者」を大事にすれば「他者」に大事にされるわけですからね。

 

 

誘われたら断らない。

いや、断れない。

嫌われたくないし、相手をガッカリもさせたくない。

 

 

◯タイプの女性に、

「今度、こんなイベント、誘われててね。行きたくないんだけど、断れなくてね」

なんて相談されるんです。

 

 

□タイプの僕は

「じゃあ、断ればいいじゃん?」

なんて伝えるのですが、

「そういうわけにも行かないのよ」

と。

 

 

ちなみに、この話を△タイプの女性にしたら

「私なら上手に断るかな」

と話しておりました。

 

 

「その日は用事があって」とか、うまいこと言うわけですね。

 

 

断れない◯タイプ。

上手に断る△タイプ。

 

 

んじゃ、□タイプはどうか。

ええ、もうね、何と言いますかね。

普通に断ります。

 

 

「それ、興味ない」とか、「行きたくない」とか、「お金がない」とか、「今じゃない」とか。

はい、直球で断ります。

だから、「冷たい」とか言われちゃうわけですね。

 

 

「もう少し、言い方ってものがあるだろう?」

と思われてるみたいです。

気をつけましょうね、□タイプの皆さん。

 

 

とにかく、そうやって「人間」を大事にするのが◯タイプ。

早い話、自分の気持ちを差し置いて「他者」を大事にしますから、「他人軸」に見られがちですし、葛藤の多い生き方になります。

 

 

それで、ここからが重要。

□タイプは何を大事にしているのか。

 

 

それは「時間」です。

 

 

 

タイム イズ マネーです。

 

 

□タイプにとって、プライオリティーが最も高いのが「時間」なんです。

 

 

時間を無駄にしたくない。

時間を奪われるのが嫌い。

 

 

◯タイプはよく「ただ働き」をします。

頼まれたら断れない。

断ることで嫌われたくない。

ですから、「ただ働き」をします。

 

 

けっこうそういう愚痴をよく耳にしますが、でも相手には直接言いません。

「嫌われたくない」ってのは大変だな、と思うわけです。

 

 

そして、その感覚は生まれ持ってのものですから、他者もまた同じだろうと勘違いをして「ただ働き」をさせてしまいます。

 

 

それを嫌がるのが□タイプです。

おかげで、「金の亡者」と罵られるわけですね、はい。

 

 

「お金をいただけるならやります」と、これまた直球で言ってします。

ケチだ、冷たいだ、と言われるのです。

 

 

が、しかし、ですよ。

が、しかし、なんですよ。

 

 

□タイプってのは、「時間」が大事なんです。

別に「お金」が欲しくて言ってるわけじゃない。

 

 

「時間」を失いたくなくて言っているだけ。

□タイプだって、タダ働きをします。

それに意味があって、人脈作りにつながるとか、学びになるとか、得られるものがあるなら喜んでタダ働きをします。

 

 

早い話、お金以外に得られるものがなさそうな「仕事」なので、「お金」を要求しているわけです。

伝わります?

 

 

「時間」を等価交換してくれるなら手伝いましょう。

でも、「時間」を搾取されるなら手伝いませんよ、という話なのです。

 

 

◯タイプから□タイプを見ると、「ケチで冷たい人」に見えるわけですが、□タイプから◯タイプを見るとやっぱり「ケチ」には見えるわけです。

「なんでタダ働きさせるの?お金を払えばいいじゃん?」

と思われてしまう。

 

 

これね、プライオリティーの違いからくる、人間関係のすれ違いなんですね。

どっちも悪くないですが、価値観が違いますから、ぶつかるんです。

 

 

それで、△タイプにそんな話をしておりましてね、「△タイプは何を優先しているか」ってのを話しておりましたらね、

△タイプは「自分」を優先しているんだと気がつきましてね。

 

 

 

大切なのは「自分」です。

 

 

自分をいかに輝かせるか、がテーマですよ。

 

 

行きたくないイベントに行く「自分」は輝いていない。

でも、断って嫌われてる「自分」も輝いていない。

だから、上手に断ることができるわけです。

 

 

△タイプと仕事の話になったときのこと。

 

 

「好きを仕事にする」なんて話をよく耳にする昨今です。

△タイプはちょっと違うのだと言います。

 

 

「その仕事が好きかどうかじゃないんだよね。その仕事をしている自分が好きか、なんだよね」

と。

 

 

なるほどな、と思いました。

「楽しい」が好き。

「笑顔」が好き。

だって、いつも輝いていたいから。

 

 

気分が下がることはしたくない。

気分が下がる人ともいたくない。

だって、いつも輝いていたいから。

 

 

 

見えないところで、努力をします。

努力をしているところなんてカッコ悪いから見せません。

その方がすごいでしょ?

その方が素敵でしょ?

その方が輝いているでしょ?って話なのです。

 

 

△タイプにとって、最もプライオリティーが高いのは「自分」ではなく「輝いている自分」なんですね。

 

 

仕事という視点で言えば、コストパフォーマンスを大事にするのが□タイプ。

要するに「労力」「儲け」については人一倍うるさいわけでして。

それがまた、ケチで冷たくも見えるわけです。

 

 

だって、仕方がありません。

大切なのは「時間」です。

 

 

 

「お金」じゃないんです。

「時間」を無駄にしたくないだけなんです。

 

 

そんなわけで、冒頭の話に戻るわけですが、

□タイプはケチで、冷たくて、ヒトデナシ(笑)

…と◯タイプに揶揄されることが多いんですね。

 

 

それに対して□タイプは何も文句を言わないから

「納得しているのだろう…」

と思われがちです。

 

 

それで先日、□タイプの女性が

「□タイプだって、そんなこと言われたら傷つくよね」

なんて話しておりました。

 

 

 

 

でも、文句は言いません。

なぜかって?

 

 

 

 

だって、時間の無駄でしょう?(笑)

 

 

ニコニコ笑って聞き流す。

でもね、嫌なことを言われたら傷つくのは誰だって同じ。

だって人間だもの。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。