「家事をしていること、自慢しているんですか?」という問いに対して思うこと


2月から妻が勤め始めたので、僕は毎日家事をしている。

その話をFacebookに投稿していると、

「くれちゃんは家事をすることをさもがんばっている感じでアピールしている」

と勝手に解釈する人がいる。

 

 

そういえば昔、「女性が家事をしているのは当たり前と思われるのに、男性が家事をしていると特別扱いされる。だから、くれちゃんの投稿は好きじゃない」と言われたことがある。

ちょっと今日はこのテーマで書いていきたい。

 

 

僕の中では「○○へ旅行に行きました」「○○を食べました」「○○と会いました」という投稿の同じテンションで、家事の話を書いている。

「ハワイに行きました」と「洗濯物を干しました」は同じことである。

 

 

「家事は楽しくないもの」と考えている人が多い。

僕は目の前のことを楽しむ能力に長けている。

 

 

掃除するのも楽しいし、洗濯物を干すのも楽しい。

何をやっていても、それを楽しむ心があれば楽しいものだ。

 

 

SNSを眺めていると、「仕事が辛い」という言葉をよく目にする。

そんなに辛いなら辞めたらいいのに、と思うのだけど、そんなことを言うと叱られる。

 

 

「勤務時間外に部活の指導をさせるなんておかしい!」と怒っているツイッター界隈の先生のつぶやきを見るたび、「あなた、それ、知らずに先生になったの?」と驚いてしまう。

職業選択の自由が認められたこの国で、やりたくない仕事をして、そのやりたくない仕事に怒っている人を見ると、僕の頭は「?」でいっぱいになる。

 

 

目の前のことを楽しめばいい。

楽しくないなら辞めればいい。

人生なんて死ぬまでの暇つぶしだ。

やりたくないことやってる時間なんてないはずだ。 

 

 

ある女性に「何をしているときが楽しい?」と尋ねたら、「友だちと旅行に行くのが楽しい」とか「友だちとおしゃべりしているのが楽しい」とか、そんな返事が返ってきたわけ。

 

 

ふと、思い出したのは中国の古典である『老子』のお話。

うろ覚えだけど、たしかこんなメッセージ。

「長い」があるから「短い」があるんだよ、って、ただそれだけ。

 

 

「長い」があるから「短い」がある。

 

 

つまりさ、「楽しい」があるから「つまらない」があるんだよね。

「旅行に行くのが楽しい」でも、家事はつまらない。

「おしゃべりは楽しい」でも、家事はつまらない。

そんな感覚、伝わるかな。

 

 

僕は、目の前のことを全部楽しんでいる。

だから、あれは楽しいけど、これは楽しくない、ということはない。

 

 

世間の人がつまらないということをいかに楽しむか。

そういう能力があると、人生はすこぶる面白い。

 

 

もう一度言うけど、人生は死ぬまでの暇つぶしだ。

楽しくないことをやっている時間が僕らにはない。

 

 

だから、楽しくないことはやめよう!とは思わない。

むしろ、楽しくないことを楽しむ力を身につけよう!と思う。

全部、楽しめば良いのだ。

 

 

あるオンラインセミナーを聴いていた。

みんながわけがわからない、面白くない、と言う。

腹を立てている人までいる。

 

 

僕はその話、むっちゃ面白いな、と思った。

わけがわからない話にツッコミを入れているだけで楽しめる。

要するに、楽しみ方を知っているか、知っていないかの問題なのだ。

 

 

最近、確定申告の資料を作成している。

先に売上を入力した後で、経費を入力していく。

すると、払う税金が減っていく。

その数字を見ているのが楽しい。

 

 

洗濯物を畳むときは、youtubeで「畳み方」の動画コンテンツを見ながら畳んでいる。

いい感じに畳めると楽しい。

 

 

一時が万事、そうやって楽しんでいれば、人生はこんなにも面白いことの連続だ。

 

 

ここで大事なのは、自分で自分の行動を選んでいるという実感だと思う。

やらされ感でやっていることは、どんなに楽しいことだってつまらない。

 

 

どれだけ美味しい料理だって、自分が食べたいと思って食べているから美味しいのであって、食べたくもないのに、無理やり口に押し込まれたら美味しくない。

 

 

やるべきだから。

やらなきゃいけないから。

そんな感じで動いていたら、外でするお仕事も、家でする家事も楽しいはずがないのだ。

 

 

自分で自分の行動を選べるって最高だ。

そして、仕事も遊びも家事も全部、これは自分で選んでるんだ、と思えれば人生はむっちゃ面白い。

楽しんでやれば、苦手な人との会話すら、ゲームだよ。

 

 

僕はそんなことを考えている。

 

 

 

くればやし ひろあき

・株式会社ミナクル組織研究所 代表取締役

・フォロワー10万人の教育系TikTokクリエイター「くれちゃん先生」としても活躍中。人間関係や教育についての動画を配信

・1978年、愛知県生まれ。16年間公立中学校の教員として3,000人以上の子どもたちを指導。名古屋市内で最も荒れた中学校で生徒指導の責任者を務め、その後、文部科学省から上海に派遣され、当時世界最大の日本人学校であった上海日本人学校の生徒指導部長を務める。

・互いの「ものの見方や感じ方の違い」を理解し合うことで、他者に寛容な社会を実現したいと願うようになり、2017年独立。

・独立後は、教員時代の経験を活かし、全国の幼稚園や保育園、学校などで保護者向け講演や教職員研修を行う。2018年・2019年には、100人のボランティアスタッフを束ね『子育て万博』を主催。今年10月にパリコレクションのキッズ部門を日本に誘致して開催された『Japan Kids Fashion Week2021』において、全体計画及びキッズモデル・ボランティアスタッフ総勢150名のマネジメントを担当。

・2020年11月、「スタッフみんなが、明日も生き生きと来る!」を理念に、株式会社ミナクル組織研究所を設立。経営者、教職員、スポーツ指導者など、組織のトップや人を指導する立場の人たちから依頼を受け、人間関係づくりやチームづくりに関する講演や企業研修、教職員研修を行っている。経済産業省の事業再構築事業として人材分析システムを開発中。