妻のトリセツ 〜予定時刻が違うのです〜


ある日のこと。

妻はお茶会がありました。

何気に中国茶藝師資格をもっている彼女。

 

んでね、朝から「今から資料を印刷して」と言うわけです。

まあ、それはいいでしょう。

 

 

「今から印刷して」という言葉。

この「今から」が「⬜︎の夫」をイラ立たせます。

ペースを乱されますからね。

 

 

問題はここから。

 

 

「何時に家を出るの?」と尋ねる僕。

答えは「8時30分」。

 

 

いきなり「答え」が返ってきてビックリ。

前置きなしで答えるなんて、ちょっと心配です。

答えが簡潔すぎます!

◯なのにっ!!

 

 


さて、タイムリミットが決まれば、⬜︎は確実に任務を遂行します。

8時30分!

まだ1時間もあります。

 

 

洗い物をし、洗濯機を回し、ゴミ捨てをし、さあ印刷です。

 


途中、印刷物を「さらに追加する」という⬜︎をイラ立たせる行動もありました。

こうして、どんどんペースを乱していきます。

 


結局、完成したのは8時30分ギリギリ。

保険をかける□らしくないギリギリの完成…。

 

 

さて、ここからです。

いいですか?

ここからですよ。

 

 

8時35分。

予定時刻、5分過ぎ。

大丈夫かな〜?と思う⬜︎の僕。

 

 

今日は講座の日。

遅刻なんてしたら大変です。

 

 

それなのに…。

 

 

なんと!

 

 

彼女は服を脱ぎ始めます。

 

 

⁉︎

 

 

そして、

 

 

なんと!

 

 

 

なんと!

 

 

 

 


彼女はお風呂に入りました!

 

 

 

「ねえ、8時30分じゃないの?」

と半ば呆れ気味に尋ねる僕に、

彼女は微笑みながら、こう答えました。

 

 

「うん、

 8時30分に出れたらいいな、

 って思ったの」

 

 


⬜︎にとって、「予定時刻」はリミットです。

◯にとって、「予定時刻」はあくまでも希望のようです。

 

 

こうして、彼女は悠々と9時に出発していきましたとさ…。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。