学級通信のタイトルには人生のテーマを掲げる

学級通信 タイトル

本物の『学級通信』に起こる不思議な現象

子どもたちに、

そして保護者に刺さる学級通信にだけ起こる

特別な現象

 

 

それは「学級通信」と呼ばれなくなるということ。

 

 

海外日本人学校に務めていたころ、

本当にたくさんの素晴らしい「学級通信」に出会いがありました。

 

 

広島県の先生が発行されていた学級通信のタイトルは『ポレポレ』。

「ポレポレ」とはスワヒリ語で「ゆっくり」を表す言葉。

すべて手書きで書かれていました。

 

 

保護者からバックナンバーを求められるほどの人気学級通信です。

 

 

しかし、この学級通信、生徒や職員、保護者から「学級通信」とは呼ばれません。

「ポレポレ」と呼ばれます。

 

 

 

大阪府の先生が発行されていた学級通信があります。

学級通信の名は『縁(えにし)』。

 

 

やはり、「学級通信」とは呼ばれません。

『縁(えにし)』は、

『縁(えにし)』と呼ばれます。

 

 

「心に刺さる」

「心をとらえる」

そんな学級通信は『学級通信』とは呼ばれなくなるんですね。

 

学級通信のタイトル

 

学級通信には先生が一番届けたい言葉がいい

学級通信のタイトルは、学級担任の先生の思いがダイレクトに反映されたものがいいでしょう。

 

 

 

だからこそ、『学級通信』はタイトルで呼ばれるようになります。

子どもたちや家族の会話の中に、『学級通信』がタイトルで登場するようになるんですね。

 

 

長年連れ添った夫婦がだんだん似てくるように、子どもたちもだんだん学級担任の先生に似てきます。

おもしろいもので、学級のカラーってあるんですよね。

 

 

 

そして、毎年毎年子どもたちの顔ぶれって違うのに、カラーだけは似てくるんです。

それは、その先生が大切にしているものが伝染していくからだと思います。

 

 

 

そして、その伝染力を高めるためにも、学級通信は素晴らしい力を発揮してくれます。

 

 

「焦らなくていいよ。ゆっくりでいいよ」というメッセージが込められた『ポレポレ』は、バックパッカーとして世界を旅した、その先生そのもののような気がします。

 

 

大ベテランの大阪府の先生は、きっとご縁の大切さ、人との出会いへの感謝を感じていらっしゃるのだと思います。

そんな先生自身の深い想いが『縁(えにし)』というタイトルには込められているのではないでしょうか。

 

 

言葉は「ことだま」です。

タイトルを口にする機会が増えれば増えるほど、その想いは伝染していきます。

 

 

『ポレポレ』学級は、『ポレポレ』な雰囲気になります。

『縁(えにし)』学級は、縁を大切にした学級に育っていました。

 

学級通信のタイトル

 

今、一番刺さる言葉をタイトルに

僕がこれまでつけてきた学級通信のタイトルは『だれもが主人公』。

 

「一人ひとりの子どもたちが輝くクラスにしたい。ここには、いなくていい子は一人もいない。教室をすべての子どもたちの居場所にしたい」

これが僕のメインテーマでした。

 

 

ところが、当初はなかなかうまくいきませんでした。

 

 

初期の学級通信のタイトルは『あなたが主人公』。

ちょっと個人主義のクラスができあがりました…。

 

 

続いて『みんなが主人公』。

ちょっと先生と生徒に距離を感じるクラスでした…。

 

 

「だって、オレたちが主人公でしょ?」

 

 

やはり思いって伝染するんですね。 

それで、紆余曲折がありまして、最後は『だれもが主人公』。

 

 

 

「自分も主人公だけど、

 あの子も主人公なんだ」

 

 

そんなクラスになりました。

 

 

みんな違ってみんないい!

あの子も輝いてるし、僕も輝いている!

そんなクラスになりました。

 

 

タイトルが変わるごとに、

僕自身のマインドにも変化がありました。

 

 

あなたが一番大切にしていることをタイトルにしてみる。

 

 

 

ハッピーに生きるためのキーワードをタイトルに落とし込む。

そして、それが学級のキーワードになったとき、教室は「ハッピーな教室」になるのだと思います。

 

学級通信のタイトル

 

学級通信のタイトルを考えるための3つのしつもん

それでは、『学級通信』のタイトルを考えるための3つのしつもんをプレゼントしますね。

 

しつもん1

「この学級を閉じるとき、

 どうなっていたら最高ですか?」

「新しいクラスは、どんなクラスにしよう?」ではないんですね。

始まる前に問いかけるのは、終わったときの姿なの。

 

 

「学級を閉じる日」に、どんな気持ちで教室を後にしてくれたら、「今年も最高のクラスだったなぁ」って思う?

 

 

 

しつもん2

「あなたが人生において

 大切にしていることは何ですか?」

子どもたちに、これだけは伝えたい!これだけは意識してほしい!ってことをとにかく挙げてみるんです。

10個、20個と挙げてみるんです。

もっともっと吐き出してください。

 

 

「人生において大切にしてきたこと」

 

 

それを伝えるために、あなたは子どもたちの前にいるんです。

僕は、そう考えています。

 

 

しつもん3

「それをシンプルに表すと、

 どんな言葉ですか?」

「先生らしい言葉」とか「タイトルっぽい言葉」とか、いらないんです。

「こうでなければならない」は、ないんです。

あなたの思いをシンプルに表す。

 

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

あなたの人生のテーマを、学級通信のタイトルにする。

 

学校の先生向け無料オンラインレッスンはこちら

 
くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。