朝の会で使える『魔法の質問』

学級 悩み 朝の会

1分間スピーチに『魔法の質問』を

朝の会(短学活)で、どんなことをされていますか?

僕のクラスでは、「1分間スピーチ」をしています。

 

「なんだ…、そんなのどこでもやってるじゃん」

 

そうですよね。

僕は、そこに『魔法の質問』を取り入れています。

 

僕が出す「しつもん」に答えるという形で、スピーチをしていきます。

スピーチをするのは、その日の日直さん(朝の会の司会)です。

日直さんが一巡するまで、「しつもん」は変えません。

 

たとえば、こんな「しつもん」。

「もしも、だれかと変われるとしたら、だれになりたいですか?」

 

おもしろいのは、本当に真剣に「答え」を考えた子の話は、みんな真剣に聴きます。

ところが、自分の心と向き合えていない子の話は、シラ〜っと聞きます。

魂でしゃべってるかどうかって、伝わるんですよね。

 

ある子が、こんな子を言うんですね。

 

「ずっと、考えてたんです。

 だれと変わりたいかなって。

 で、気づいたんです。

 私は、私がいいなって」

 

朝から、感動です。

そんな言葉を、クラスメイトが言うんです。

で、みんな考えるわけです。

 

「あ〜っ、そうか!だれになりたいか、考えてもでてこなかったのは、そこか。

 自分、今のありのままの自分が大好きなんだ」

 

まったく意図していない着地点。

でもね、それが学級担任のおもしろさ。

子どもたちと過ごす「幸せ」なんだと思います。

 

掘り下げていく「しつもん」

こんな「しつもん」をしたこともあります。

 

「あなたが今、心から手に入れたいもの、一番欲しいものは何ですか?」

 

テレビゲーム、スマホ、タブレット。

そんな物が欲しいという子がいます。

 

一方で、「良い成績」「素敵な彼女♡」なんて子もいます。

 

おもしろいのは、ここからです。

子どもたちの「答え」に合わせて、追加の「しつもん」をします。

 

「あなたが今、心から手に入れたいもの、一番欲しいものは何ですか?」

 

この「しつもん」に対する追加の「しつもん」。

 

それは…

「それを手にいれるために、あなたができることは何ですか?」

 

その話を聞いてね、学級みんなで応援できることがあれば、応援してあげるの。

「いいね」って、受け止めるだけでもいいの。

学級経営って、ホントにおもしろいんだから。

 

「しつもん」に安心して答えられるクラスをつくる

「しつもん」の答えは、全部が正解です。

これは、とっても大切なことです。

 

すべてを正解と受け止めてもらえるからこそ、僕らは「しつもん」に安心して答えることができます。

「否定されない」という環境です。

 

「え〜っ!そんなのおかしくない!」

「君、間違ってるよ〜!」

というクラスで、安易に「しつもん」を用いることは危険です。

 

「しつもん」の答えではなく、非難されない「正答」を探してしまうようになってしまいます。

 

ですから、「しつもん」が学級で使えるのは、「すべてが正解」と受け止める土壌が学級に育っていることが大前提。

学級が安心・安全な場所になっているか。

それがないとね、当たり障りのない言葉しか出てこないんだなぁ。

 

だからね、その土壌を作れているか。

問われるのは、大人の側なんですね。

 

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

教室を安心安全な場所にするために、できることは何だろう?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)  

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。