朝の学級活動で、ちょっといい話をする

朝の学級活動

朝の会に何を話していますか?

朝の会の名物コーナー(自称)、

『先生のスベらない話』

 

ありがたいことです。

「今日は時間があるからレクでもしようか?」

そう話す僕に、

「先生、何かお話して!」

という子どもたち。

 

なんのことはないただの雑談。

だけど、子どもたちはそれを楽しみにしてくれていました。

 

 

毎朝、必ず爆笑を取る!

そう宣言していました。

 

1年間、なんとかスベらず毎朝、笑いの絶えないクラスになりました。

子どもたちの期待に応えるのって楽しいですね。

 

どうして、そんなことができたのか。

そこには秘密があります。

 

人は意識したものしか見えない

『カラーバス効果』

ご存知ですか?

 

たとえば、あなたの周りにある「赤いもの」を見つけてください。

 

ほら、ちょっと意識するだけで、どんどん見つかりますよね。

人は意識したものしか見えないし、覚えていません。

 

先日、名言セラピーで有名なひすいこたろうさんの講演会に行ってきました。

ひすいさんは、生活の中で「名言」をずっと探しているそうです。

意識しているからこそ、どんどん『名言』が見つかる。

今では、意識しなくても、自然と周囲の言葉から『名言』を見つけてしまうそうです。

 

なるほど!

たしかにそうです。

 

こうやって、学校の先生の少しでもお役に立ちたいと思い始めてから、学校で起こるできごとへのまなざしが変わりました。

 

ここから学べるのはどんなことだろう。

どんなステップがあるのだろう。

 

そんなことをいつも考えるようになりました。

僕のアイディアノートには、そんな記述であふれています。

 

意識して話題を探していく

子どもたちの前で話すのにセンスは必要ありません。

おもしろい話題を見つければいいんです。

 

テレビでもいい。

ネットでもいい。

本でもいい。

道行く人でもいい。

 

なんだっていい。

 

子どもたちに今日は何を話そうか。

そうやって、意識を向けること。

 

向かいのホーム、路地裏の窓、交差点、夢の中、旅先の店、新聞の隅♪

子どもたちにとって、「ためになること」にアンテナを張る。

 

すると、どんどん話題は見つかります。

 

そして、話すことを自分に課すこと。

それも5分で話す。

ダラダラ話すのはダメ!

 

雑談力は訓練です。

 

そして、雑談力は思わぬところで力を発揮します。

微妙に隙間が空くときってないですか?

 

たとえば全校集会だけど、まだゲストが来ない!

修学旅行に行ったら、新幹線までまだ時間がある!

そんなとき、助かります…。

 

うん!

芸は身を助ける!

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 心に残るちょっといい話が、子どもに大きな変化を生む。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。