学級経営に今すぐ使える魔法の質問

学級担任 悩み

質問で学級は変わります!

どんな質問を投げかけるかで、学級は大きく変わります。

 

「問い」を立てれば、脳は自動で検索をかけます。

質の高い「問い」を投げかけ続けることは、学級担任としての一番のお志事です。

そして、その「問い」がバチっと決まったときが、一番の喜びかもしれません。

 

僕には、学級がガラリと変わる魔法のような「質問」があります。

 

どんな◯◯になったら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

 

この「しつもん」は、僕の学級経営で何度も使う「魔法の質問」です。

 

どんなクラスになったら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

どんな卒業式になったら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

どんな合唱になったら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

 

少し形を変えますと、

 

卒業式の日どんなクラスになっていたら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

 

こうやってね、まずゴールを考えるんです。

 

僕の学級経営の『3種の神器』

僕には、学級経営に欠かすことのできない『3種の神器』があります。

それは、

付箋紙、模造紙、水性マジック。

 

僕の場合は、模造紙と付箋紙を使って、どんどんブレインストーミングをしていきます。

付箋紙1枚に一つ、「魔法の質問」の答えを書きます。

生徒は順番に付箋紙を読み上げ、模造紙に貼っていきます。

 

全部模造紙に貼り終え、すべて出し切ったら、模造紙にある付箋紙を整理します。

みんなで話し合いながら、付箋紙をグループ分けします。

同じグループの付箋紙はプロッキーでグルリと囲み、グループ名をつけます。

 

そうすると、学級として「最幸(サイコー!)の状態」を共有することができます。

学級として目指す姿の「キーワード」が浮かび上がってくるのです。

 

「信じて手放す」という志事

ここからがポイントです。

そのあとにする大事な質問があります。

この質問は、最初の質問とセットの質問です。

 

それは、

そのためにできることは何だろう?

という質問です。

 

「あなたにできることは何ですか?」

「そのためにできる、はじめの一歩は何ですか?」

でも構いません。

 

僕は学級経営において、「あれをしなさい、これをしなさい」と言いません。

ただ、これだけは伝えます。

 

「あなたが決めたことだけはやりなさい。あなたが決めたことなのですから」

 

ゴールを共有し、そのための道筋を共有したら、あとは背中を押すだけ。

応援するだけ。

信じて待つだけ。

 

学級経営って難しくないんです。

難しくしてるんですよ。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どんな学級なら、最幸(サイコー!)って言えるだろう?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)  

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。