フロー状態で志事をすると、教室は変わる!

フロー 学校の先生

これまで求められていた能力

これまで求められていた能力は、決まったことを決まった通りにやる能力でした。

そういうことを、僕らは学校教育で学んできました。

決められたことを覚えたり、決められた作業をしたり。

それをテストされ、できたかできないかを評価される。

 

「正しいか正しくないか」の時代には、それでよかったんです。

これは正しい。

これは正しくない。

ちゃんと決まっていたから。

 

モノカルチャーだったころにはそれでよかったの。

多様な価値観なんてものが存在しなかった時代ね。

 

いい高校行って、いい大学行って、いい会社入って。

結婚して家を買って、子どもを二人育てて。

年に1回海外旅行して、保険に入って、定年後は年金がちゃんともらえて。

 

そういうことが成功モデルだった時代にはね、「決まったことを決まった通りにやる能力」が大事だったの。

それが、「良い」とか「悪い」とかじゃないんです。

その時代には、その時代ごとの求められる能力があるんです。

 

新しい時代に求められる能力って何だろう?

ところが、時代は大きく変わりました。

インターネットは国と国との垣根をなくし、従来一方通行だった情報は、双方向のやり取りが可能となったことで、だれもがメディアになることを可能としました。

価値観が多様化されたのです。

 

それに従って、「正しいか正しくないか」の時代は末期を迎えることになりました。

これからは「ワクワクするかしないか」の時代なのです。

過去の記事はコチラ→ワクワクすること

 

「みんな違ってみんないい」って時代なのです。

過去の記事はコチラ→みんな違ってみんないい

 

そんな時代に必要なのは、フローになるってことなんです。

やりたくもないことを、意思や義務感で努力する。

そういう働き方が、僕らを苦しめているのです。

 

「こうしたい」という魂の声に耳を傾け、意図的にフロー状態をつくっていくんですね。

過去の記事はコチラ→フロー状態になる

 

寝食を忘れて没頭する志事が教室をハッピーにする

僕は、シゴトを志事と書くのが好きです。

まさに、フロー状態で自分が心から「やりたいこと」をやっているとき仕事は志事に変わると思っています。

 

「志事とは、寝食を忘れて没頭する遊びである」

これは、大辞典型ブログ版『ハッピーな先生のハッピーな教室』の生みの親、カイエダミエさんから教わった言葉です。

 

そうなんだ。

フロー状態で志事をするってことは、遊びなんだ。

良質な遊びなの。

こんなこと書いたら、叱られるかもしれないけれど、心から楽しんで志事をしたらね、それは遊びなの。

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

 子どもたちと過ごしていて、フローになる瞬間はどんなときですか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。