批判するよりも、もっとよくなる方法を考える

学校批判

学校を批判することは簡単だけど…

近ごろ、学校はどうなってるんだ的な記事をよく見かけます。

 

学校が悪い!

先生が悪い!

 

たしかに、そういう記事の方が、読者に読まれるんだろうなって思う。

批判するのってカンタンだから。

 

もう1回書いとこう。

批判するのはカンタンだ!

 

先日も見かけたんです。

元学校の先生がね、むっちゃ学校教育を批判している記事。

学校教育に失望した…みたいな記事ね。

ちょっと腹は立ったけど、記事をさかのぼっていったんです。

 

腹が立つなら読まなきゃいいのにね…。

 

今、なにやってると思います?

学校で講師やってるって…。

 

え〜っ!!!

 

批判するのは、カンタンなんだ。

で、君はなにするの?

大事なのは、そこだと思う。

 

新しい学校の形

それで今、

フリースクールなど、新しい教育の形がどんどん生まれている。

それには大賛成!

 

学校に代わる、いろんな教育の形。

動き出してる人がいっぱいいます。

 

子どもと保護者が、自分たちで学び方を選択する。

素晴らしいことだと思います。

 

これまで、いくつかのフリースクールやサドベリースクールにお邪魔させていただきました。

ホントに素敵で熱いスタッフが、これまた素敵な子どもたちと、ホンモノの学びを追求していたんです。

 

僕も、それを見て

「いつか学校をつくりたい!」

そう思うようになりました。

 

でも、それは「いつか」のお話。

僕は「学校」素敵な場所にすることをあきらめてはいません。

 

学校はもっと素敵になるんです

学校に代わる新しい提案。

そうやって、行動を起こしている人たちがいる。

教育が創造されていく。

 

どんどん新しい形が出てくるといい。

 

動き出す大人もいる。

一方で、批判だけする大人もいる。

 

大事なのは、

「じゃあ、批判しているあなたは何をするの?」

だと思います。

 

じゃあ、僕は何をするのか。

 

学校をもっとハッピーにしていこう!

どれだけ批判されたって、既存の学校がなくなることはないと思う。

そして、仕組みそのものを否定する人もいるけれど、現実問題、大きく変わるのは難しい。

 

 

教育を選べるご家庭ばかりじゃないんです。

地元の学校に通うしかない子はいっぱいいます。

いや、ほとんどの子がそうです。

 

だから、やっぱり今ある「学校」をもっとハッピーな場所に変えていきたい。

 

学校はダメだ〜!学校はダメだ〜!って言われたら、毎日通う子どもは辛いよね!

ウチの学校は楽しいよ!って子もいっぱいいると思う。

 

学校をあきらめたくないんです。

子どもたちのために、僕は学校をあきらめたくないんです。

 

どうしたら、学校がもっと素敵な場所になるかなって考えたい。

そこにワクワクします。

 

もっと学校は素敵になるし、もっと先生は素敵になるの。

そう信じています。

 

そう信じているから、毎日書き続けられるのです。

 

批判記事なんて、書こうと思えばいくらでも書けます。

学校教育の問題点?

そんなのわかってますよ。

 

でもね、

批判するの、カンタン!

粗探しするの、カンタン!

で、君はなにする?

大事なのはそこだと思う。

 

僕にできること。

それは、これからも学校の先生を応援する記事を書き続けること。

まずは、ね。

ハッピーな先生になるためのステップ

 子どもたちのために、学校がもっと素敵な場所になる方法を考えよう

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。