話し合うことが辛いと感じたときは

疲れる議論

生き生きとする話し合い、クタクタになる話し合い

話し合うことって、とてもエネルギーが必要です。

上司と、同僚と、友だちと、家族と。

いろんな場面で僕らは話し合います。

 

おもしろいことに話し合うことで生き生きとし、目の前がパッと開けていく、そんな話し合いがある一方、話し合うたびに心と身体を消耗してしまう話し合いもあります。

その差はどこにあるのでしょうか?

それはね、互いの目指す場所に違いがあるのだと思います。

 

お互いが同じ場所を目指していれば、話し合いは生き生きとしてきます。

一方、目指す場所が違う人と話すと、クタクタになります。

話し合うステージが違うからです。

 

生き生きとする話し合い

いろんな視点があるのはいいこと。

だから、目指す場所が同じ人たちといろんな視点で話し合うのは、とっても大切。

 

ところが、話し合いにはそうでないことが往々にしてあります。

そもそも目指す場所が違う人との議論はエネルギーを浪費し、心をすり減らすことになります。

 

僕が目指す場所は「子どもたちの幸せ」です。

もちろん、「幸せ」の定義は人それぞれだから、そこを話し合うのはいいこと。

目指す場所が同じ人たちといろんな視点で話し合う。

 

それは、とても素敵な時間です。

きっと魂が喜ぶ時間になるでしょう。

 

でもね、教育の目指す場所が「子どもたちの幸せ」という視点ではない方と話すと、どっと疲れてしまいます。

たとえば、点数が高くなることが優れた教育だと思っている人。

別にいいんだけどね、疲れちゃうな〜って思うんです。

 

 

目指す場所が違う人と議論してはいけません

ですから、目指す場所が違う人との議論は、エネルギーを無駄に使いますし、心をすり減らすことにもなるんです。

議論なのか口論なのか、わからないような話し合い、ありますよね。

 

 

一緒にいるだけでエネルギーを吸い取ってしまう人がいます。

そういう人のことを『エナジーバンパイア』って呼ぶんだそうです。

話し合っていて、疲労を感じる瞬間。

この人と話していると疲れるなぁって人、いませんか?

 

そんなとき、ぼくはさっさと引くことにしています。

時間とエネルギーの無駄だから。

 

相手がどのステージで話をしているのか、そこをまず見極めます。

いろんなステージの人がいます。

 

相手が本当に「目の前の子どもたちの幸せ」を考えているステージに立っているときだけは、真剣に議論するんです。

でもね、そういう人とは、実は議論にはならないんです。

 

なぜか。

「目の前の子どもたちの幸せ」を考えてる人とは魂レベルでつながってしまうから。

 

だから、「あっ!この人、このステージじゃないな」って感じたら引くのが正解です。

 

戦わなければ負けないからね。

敵がいなけりゃ無敵なの。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 同じステージの人と熱く議論することで、目の前は開けてきます。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。