ホワイトボードで無意識にホウレンソウ

ホワイトボードを活用する

ホワイトボードで「無意識」にホウレンソウ

 

ホウレンソウを

無意識のうちに成立させる。

 

そのためには、

ホウレンソウの『仕組み化』が大切です。

 

ホウレンソウの『仕組み化』のためのツール

それは『ホワイトボード』です。

 

どこの職員室にもあるホワイトボード。

 

それをただの連絡ツールから

格上げする使い方があるんです。

 

 

ハッピーな職員室にするためのホワイトボード活用術

 

ホワイトボードに一日の流れを書きます。

月行事予定や職員会議資料を見ながら、

できるだけ詳細に書いてみます。

 

何時に、

どう動くか、

 

1日の流れを想起して、

わかりやすく書きます。

 

その学校に初めてきた先生が、

困ることがないレベルで詳しく書きます。

 

朝の打ち合わせで追加事項があったら付け足していきます。

 

そうやって流れを書くと、

「ん?それちょっと違うんじゃない?」

という意見が出てきます。

 

訂正していきます。

重要事項は赤で書きます。

 

それから、

「これは必ずやってね!」

という仕事も書いておきます。

 

諸帳簿の整理

テストの素点入力

保健の調査

提出物&配付物

 

すると、

コミュニケーションが生まれます。

 

「テスト素点の入力は○日まで」と書いておく。

すると、

「それでは遅い」とか

逆に「早すぎる」とか議論になります。

 

提出物を書いておくと、

「他にもあるよ」と教えてくれて追加されます。

 

生徒指導上の案件はイニシャルで書いておく

子どもたちの目に触れても、

伝わらないようにし、

大人の目に触れれば

そこで話題になります。

 

そうやってホワイトボードに

どんどん書き足していくんです。

 

そうすると、

みんな無意識のうちに

「報告・連絡・相談」をし出すんです。

 

「仕組み」として動き出すまでは、

だれかが「意識的」に

「仕組み」を動かしていく必要があります。

 

ただ、一度動き出してしまえば、

「仕組み」は「無意識」のうちに

「報告・連絡・相談」を生み出します。

 

 

 

「仕組み化」されていない職場は、

意思の力でがんばります。

 

「なんで報告しないの?」
「やる前に相談しなよ?」
「みんなで確認したでしょ?」
「初任研でホウレンソウが

 大事だって習わなかったの?」

 

どんどんホウレンソウしづらい雰囲気

になっていくんです。

 

それを変えるのは、ホワイトボードの活用です。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 ホワイトボードを活用してホウレンソウを仕組み化する

 

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。