西田久代 『子育て万博2019』スピーカー紹介


西田久代(にしだ ひさよ)

 

性の健康かたりべ

元・吉村医院助産婦

 

 

 

2011年に『性の科学と健康』親子こうざ講師養成を経て、2012年より「性の健康かたりべ」として活動を始める。

 

 

豊田市の小学校2校で4年生の保健の授業やPTA講座、幼稚園、子育てサークルの依頼を受け、出張こうざを行う。

また、岡崎、豊田、刈谷、安城、西尾、名古屋、知立、尾張旭、知多、豊川、豊橋などのお母さんたちに依頼を受け、年間50〜60の出張こうざを行なっている。

 

最近では、大人も性について語れる場が必要と感じ、座談会などを主催している。

そのほか、女性専用護身術Wen-DoやNVC(非暴力コミュニケーション)を伝える活動をしている。

 

 

中学1年と高校1年の女子ふたりの母。

 

 

『子育て万博2019』のページに戻る

 

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。