塩沢節子 『子育て万博2019』スピーカー紹介


塩沢 節子(しおざわ せつこ)

 

GFB合同会社(チューリップグループ)代表

 

 

 

チューリップルームのホームページ

 

ブログ しお園長の子どもって私ってこんなだよー

 

 

短大卒業後、保育園に6年勤務。

 

結婚退職後もベビーシッター、幼児教室講師、など子ども関係の仕事を続ける。

長女を産み、子育て仲間と絵本サークルを主催。

 

 

子育てに悩み、アドラー心理学に基づく親子セミナー『STEP』を受講。

そこで今まで知らなかった「承認」から「自立」、子どもとの関わりを学ぶ。

 

次女が三歳の時、自分の学びを生かした保育を目指し、自宅マンションにてチューリップルームを開園。

翌年、場所を借り、現在開園21年。

 

 

自分の感情(心)を知り、自分で考え行動する子どもになるよう、お母さんと共に学び育ち合う園を運営。

『お母さんの笑顔は子どもの笑顔』

子どもの保育と並行して、親御さんとの信頼関係を大切にしている。

 

幼児園チューリップルームを基盤に法人化し、横浜市小規模認可保育所を3園経営。

 

やる気を引き出す魔法の質問、子育て講座、講演会、ワークショップなど開催。

 

 

マツダミヒロ氏と共著書籍
『子どもの考える力を伸ばす魔法の質問』出版

↑こちらの書籍は、会場にて販売予定です。

 

 

 

 

『子育て万博2019』のページに戻る

 

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。