早川 隆司 『子育て万博2019』スピーカー紹介


早川 隆司(はやかわ たかし)

公立小中学校教諭。学級担任として、美術の教科担当として4000人以上の子ども達とかかわる。
不登校生徒支援担当を経て、現在は特別支援学級の担任。

胎内記憶をもち、人生を主体的に選択する個性豊かな4人の子どもの父。。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「将来の夢がない、自分が何をしたいのかわからない。」
日々学校で出会う子どもたちが言います。
幼い頃は自分の心に素直だった子も、世の中の考えや周りの大人たちと触れ合う過程で「ミノホドヲワキマエ」たり「ドウセジブンナンテ」と思ったりしてしまう。そんな子にたくさん出会ってきました。

でも本当は心の奥にはやりたいことがあるはず!子どもも大人も。
本当にやりたいこと、自分の魂が喜ぶことをしている人はみんなアーティスト。
自分がどうしたいのか、どうありたいのかを見つけるお手伝いをすることが喜びです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

世の中をしあわせ家族いっぱいにする!

最小単位のコミュニティである家族。家族がそれぞれしあわせであることが、世界平和につながると夫婦ともども本気で思っています。
一緒に生活していたらトラブルや課題は発生しますよ!そりゃあ。見て見ぬふりをするのではなく、向き合い、対話し、尊重する。そして本当はどんな家族を築きたいのかを明確にするんです。
「自分軸」「ごきげん」を大切にして日々生きています。

長女が17歳の時にTEDxAnjo2018にスピーカーとして登壇しました。チームはやかわのことも語っています。ぜひ聞いてください。

TEDxAnjo2018 早川響
『自分を好きになる〜感情の扱い方と捉え方』

 

 

 

 

『子育て万博2019』のページに戻る

 

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。