早川 尚絵 『子育て万博2019』スピーカー紹介


早川 尚絵(はやかわ ひさえ)

2000年より美術教諭の夫と共に『造形交流サークル夢の樹』を主宰、14年間無償でアートイベントを毎月開催。
第4子幼少期に特別支援教育補助員を2年間務める。

その後2012年より『アトリエユメノキチ』として公共施設やNPO団体の講師、アートセラピーワークショップや各種講座を企画、カウンセリングを行う。

胎内記憶を持ち人生を主体的に選択する、個性豊かな4児の母。

尊重すること、日々の出来事や感情の『主体的選択』、『自分軸』の大切さを実感して生きている。

・ ・ ・ ・ ・

長女が17歳の時にTEDxAnjo2018にティーンスピーカーとして登壇、その育った家庭についてもトークの中で紹介している。

TEDxAnjo2018 早川響
『自分を好きになる〜感情の扱い方と捉え方』

 

 

 

 

『子育て万博2019』のページに戻る

 

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。