正論番長の□2とは口論するだけ時間の無駄。


人と意見が異なるとき、

僕はあまりぶつからない。

  

 

会議で意見が対立するときってあるよね。

たとえば、A案とB案があったとして。

 

 

僕はA案推しだとするじゃない?

 

 

んでさ、B案推しの人がね、

その理由を述べるわけね。

 

 

でさ、

「くれちゃんはどう思う?」

って尋ねられるのよ。

 

 

当然、僕はA案を推す理由を述べるわけ。

そうするとさ、B案推しの人が反論を述べる。

そういうのってあるじゃない?

 

 

 

そんなとき、多くの人は議論に参戦しちゃう。

どちらが正しいか、競っちゃうのね。

モメるよね、モメちゃう!

 

 

 

僕さ、競わないの。

争わないのよ、そういうとき。

 

 

どうするか、

知りたい?

 

 

 

あのね…。

 

 

 

B案推しの人が反対意見を言うでしょ?

 

 

僕は一言、こう言うの。

 

 

「お前の意見は聞いてない」

 

 

以上、終了。

 

 

「くれちゃん、どう思う?」って聞かれたの。

だから、僕の考えを述べたの。

 

 

わかります?

 

「僕は反対です!」

 

「はあ?お前の意見なんて聞いてないから」

 

 

以上です。

 

 

会議でこんなやりとり、よくあるわけですよ。

んでね、「それじゃあ、議論にならない」とか言うわけです。

 

 

私、こう答えるんですね。

 

「いや、議論してないから」って。

 

 

「俺の考えを聞かれたから答えただけね。議論するつもりもないんだけど」

 

「それじゃあ、A案かB案か決められないじゃないですか?」なんて言ってくる。

 

 

「いや、どちらにしろ、俺はA案だと思ってるし、あなたはB案だと思ってるわけじゃん?そもそも、この溝は埋まらないと思うのね」

 

「で、最終的にA案かB案か決まらないから、多数決か校長が決めるんでしょ?だったら、そもそも議論とかいらないのね」

 

「さっさと結論出して、次に進んだ方がいいよね。このやり取りがそもそも時間の無駄じゃない?」

 

 

ええ、そんなわけで私はぶつかりません。

ただなぎ倒すだけです。

 

 

しかも、適応値が高いんですよね。

だから、会議で発言すると、みんな黙るんです。

 

 

それが嫌で黙ってるんです。

できるだけ、しゃべらないんです。

で、会議がモメる。

 

 

で、仕方なくしゃべるんです。

ええ、もう、正論です。

ど直球の正論です。

 

 

「そもそも俺たちは教育者なんだよ」って話から入ります。

「それって教育的か?」みたいな切り口になります。

忖度ゼロです。

 

 

議論の余地のないことを話します。

すると、何と対立するかっていうと、感情論です。

 

 

ぶつかるのは感情論です。

感情的に許せない!というめんどくさい奴です。

 

 

ええ、そういうの、破壊するのは2秒です。

 

「お前の意見、俺、聞いてないから」

 

 

ムッチャ嫌な奴です。

すいません。

それが私です。

 

 

昔、町内会の会計をやってほしいと打診が来た。

「えっ?なんで?」と思って尋ねたら、

「自営業なんで時間があるでしょ」とのこと。

 

 

「お勤めの方は忙しいので」だそうな。

 

 

いやいや、ちょっと待て。

僕が時間と場所に縛られない生き方をしているのは、「町内会の会計」をするためではない。

 

 

 

「えっ!無理っす」

 

「いや、あの…」

 

「僕が引き受けないとどうなるんですか?」

 

「くじ引きです」

 

「じゃあ、くじ引きで」

 

「くじ引きだと、お勤めの方がなることも…」

 

「えっ!それって僕の問題ですか?」

 

 

正論しか言わない人。

だから、僕はぶつからない。

 

 

そんな□2だけど、宿命「和」のおかげで、僕は厳しく見えない。

優しそうに見える。

 

 

校長だろうと、教育委員会だろうと、平気で意見する。

だって、正論しか言わないから。

忖度とかしないから。

 

 

「あんた、教育者として最低だ」とか

「なんだ、わしらは捨て駒か?」とか

言っちゃう。

 

 

 

あぁ、若いころ。 

 

校長と教頭に

「お前らアホか?」

とか言っちゃったな。

 

 

あぁ…、懐かしい2年目の春。

くれちゃん、ペーペーの23歳。

 

 

あれから、校長と教頭が僕には敬語で話すようになったな。

 

 

扱いにくくて、ごめんなさい。

でも、宿命「和」が、そんな扱いにくさをマイルドにしてくれるの。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。