子どものころの話をしよう…

開けたくない扉の向こうに

幼いころの記憶。

僕は幼稚園時代の記憶がほとんどない。

みんなそんなものなのだろうか?

 

 

母の運転する自転車に乗せられ、母の実家に連れていかれる記憶だけが残っている。

夫婦げんか。

そして、家を出る。

 

ケンカのシーンも、仲直りのシーンも記憶になくて。

僕には母親の背中と、自転車の荷台から伝わるお尻の痛みしか覚えていない。

 

 

記憶に残っているのは、夜な夜な家を出ていくシーンだけだ。

 

 

ふと、そんなことを書いたのは、先日インターネットラジオ『ゆめのたね』に出演した際、パーソナリティーの甲斐叶子さんとお話していたときのことだ。

 

さりげなく宣伝しておく。

 

甲斐叶子の「LOVE & TRY」は第1〜4週の日曜日 朝8:30からON AIR !!
【人生もっと面白くていい!】がテーマ💞💞💞

1.こちらをクリック
インターネットラジオ局『ゆめのたね』

2.「東日本チャンネル♪」の文字の下にある
  「▶ボタン」をクリックすると放送が流れます。

 

僕のパッションは、「子どもたちをハッピーにしたい」だ。

「子育て」や「教育」、「家庭」「パートナーシップ」がテーマだと思う。

そんな話を打ち合わせでしていたとき、幼い日の記憶を尋ねられた。

 

 

僕は開けたくない箱の扉を開けてみることにした。

なぜだか両親の夫婦げんかのあと、保育園の荷物をもち、自転車に乗せられ実家に連れられていく映像だけが記憶に残っている。

 

 

だが、夫婦げんかの部分はきれいに切り取られている。

そして、どうやって帰ったかも記憶にない。

 

 

それから、もう今は亡き祖母の部屋で一人、テレビアニメを見ている記憶。

保育園の友達が帰宅したあとも、保育園に一人残って遊んでいた記憶。

 

 

おかしい…。

幼い日の記憶がどうも暗い。

なんだか孤独な映像ばかりが浮かんでくる。

 

 

唯一の明るい記憶。

それは休日。

朝、両親に挟まれた布団の上でゴロゴロしている。

なんとなく離れたくない。

そんなシーンが思い浮かぶ。

 

 

愛されて育ってきたと思う。

「あなたほど、両親に愛されて育ってきた人はいない」と妻は言う。

 

 

だから、どうということはないのだけれど…。

 

家庭で子どもたちにとって、安らげる場所であってほしい。

教室が子どもたちにとって、安らげる場所であってほしい。

 

ただそれだけを願う。

僕のパッションが、「子どもたちのハッピー」にあるのは、そんな子ども時代があるからかもしれない。

 

 

創造的な人生を生きるためのしつもん

開けたくない扉の向こうに、何がありそうですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。