自分を表現して生きよう!


昨日ね、

ママたちとZOOMで

おしゃべりしていたの。

 

 

情報発信について。

ブログやインスタ、

SNSに何を書くって話ね。

 

 

まあ、何を書いたっていいんだけどさ。

あれやこれやと、

うるさい助言

してくる人もいるらしくってさ。

 

 

「あの投稿はどうなの?」

「あれはよくないよ」

 

ってな感じね。

 

 

それで、

何をどう書いたらいいか

わからなくなってるって話だったのね。

 

 

あのね、

ひとつだけ重要なことがあるの。

 

 

 

表現するってのは、

とってもアートな活動なのね。

内側から湧き出でるものを、

表に出す作業なのよ。

 

 

どう表現したらいいか、

なんてのは二の次、三の次の話ね。

 

 

大事なのは、

書きたいか、書きたくないか、

だけ。

 

 

表現するってそういうことでしょ?

 

 

ピカソがみんなの評価を期待して、

『ゲルニカ』を書いたと思ってんの?

 

 

ベートーベンが褒められるために

『運命』を作ったと思ってんの?

 

 

 

違うでしょ?

 

 

 

 

違うでしょ?

 

 

 

 

あなたが生きているということ。

それがもうアートなのね。

生き方も存在もアートなの。

 

 

そして、

そのあなた自身

表現する場所が、

インスタだったり、

フェイスブックだったり、

ブログだったりするの。

 

 

 

だからね、

誰がどう思うか、

なんて知ったこっちゃないわよ。

 

 

あなたが目立てば目立つほど、

ファンが生まれる。

それと同じ数のアンチが生まれる。

 

 

ファンの数=アンチの数

 

 

みんなに好かれたいと思うなら、

表現なんてしないこと。

SNSは眺めてるだけの人になればいい。

 

 

そしたら、

無意味に叩かれることはないよ。

 

 

でもね、

あなたは表現したいんでしょ?

 

 

あなたはあなたの可能性に気づいていて、

それを輝かせたいんでしょ?

 

 

だったら、

表現しなきゃ。

 

 

アンチの数が増えるといい!

増えれば増えるほど

ファンの数も増えてるんだから。

 

 

だから、

自分を表現するでしょ。

それを見て、

うるさいことをゴチャゴチャ

言ってるくるヤツがいるでしょ。

 

 

もう感謝だよね。

 

 

 

ありがとう。

そして、さようなら。

 

 

批判からは何も生まれない。

ファンしか応援してくれないし。

 

 

あなたの「これから」を応援してくれるのは

ファンだけだもん。

 

 

これだけは、忘れないで。

ファンはね、

あなたの表現を楽しみにして

応援してるの。

 

 

あなたそのものを

応援しているの。

 

 

表現の仕方に迷うのはさ、

あなたを応援してくれる人のことを

見ていない証拠

 

 

外ばかり見つめてない? 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。