ママ友との関係に疲れたあなたへ


「新しい先生はダメよね」

「どこどこ高校は、こうらしい」

テストがどうの。

勉強がどうの。

 

 

先生の噂話。

学校への文句。

旦那の悪口(笑)

 

 

そんな話題ばかりに嫌気が差す。

それでも、「ママ友だから」と、一緒に過ごす。

 

 

誘われたから断れない。

それで、一緒の時間を過ごすの。

 

 

 

それが苦しいとおっしゃるのね。

「行かなきゃいいじゃん!」と思うけれど、

「行かぬわけには行かぬ」と足を運ぶ。

 

 

会話の質が自分に合わない場所に行くと苦しいよね。

そんなときは、卒業の合図だと思うよ。

 

 

でね、

聞けばそこに行けば、

いつもモヤモヤさせられるらしいのよ。

 

 

「行きたくないな〜」と思いながら、

その場に足を運ぶらしいの。

 

 

 

それで、嫌な気持ちになる。

それって、つまり、こういうことよ。

 

 

 

家の前にすごく不味いラーメン屋があるのね。

 

 

で、あなたはすごく不味いって知ってるの。

なんで知ってるかっていうと、

何度もその不味いラーメンを食べてるから。

 

 

食べるたび食べるたび後悔してるのね。

「あ〜、食べなきゃよかった〜」って

毎日言ってるの。

 

 

で、また食べに行ったのよね。

不味いってわかってて食べに行ったの。

 

 

なぜ、食べに行ったか?

誘われたから。

新聞受けに広告でも入っていたのよね。

 

 

で、怒ってるわけよ。

「なんなの!あのラーメン屋!

 私は食べたくないのに誘ってくるのよ!」って。

 

 

不味いラーメンを食べることを選んだのは誰ですか?

つまり、そういうことよ。

 

 

僕らはすべて選べるの。

何を食べるのもあなたの自由よ。

誰と過ごすかもあなたの自由よ。

 

 

それを選んでいるのはあなた。

あなたの人生の全責任はあなた。

 

 

それを忘れちゃダメよ。

 

 

それじゃ、アタシは心と身体に優しい美味しいラーメンを食べてくるわね。

ほら、それであなたは、どんなラーメンを食べたいのかしら?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。