言葉にしなくなったとき、人は成長しているのだ。

子育て万博2019

本当に「すごい人」は、

自分のことを「すごい」なんて言わない。

 

 

本当に「成功している人」は、

自分のことを「成功している」なんて言わない。

 

 

言葉にしているうちは、

まだまだなのだよ。

 

 

SNSで見かける「私ってスゴいんです投稿」。

他者に「すごいね」と言われても、

「まだまだっス」と答えるのが武士の精神。

 

 

ただ、そのあとで、

「そう言っていただけるのはうれしいです。

 ありがとうございます」

と答える謙虚な心。

 

 

美しい所作と振る舞い。

だから、こそ人からの評価はさらに高まる。

 

 

自分で自分のことを「すごい」というのは、

「恥」の文化をもつこの国では、

美意識を感じない。

 

 

昔、よく子どもたちに伝えていた。

「自分で自分のことをすごい先生とか言ってるヤツにロクな先生はおらんのよ」って。

 

 

 

心はいつだって、

高嶺を目指す。

 

 

けれど、

謙虚に慎ましく。

 

 

事実を淡々と。

そして、それを評価するのは周囲。

 

 

でも、そんな周囲の言葉に流されず。

ただただありのままに。

自分を表現し続けよう。

 

 

人間は成長すると、言葉が変わる。

僕はたくさんの「すごい人たち」に出会ってきた。

 

 

誰一人として、

「僕はすごい!」

なんて言わなかった。

 

 

どこまでも謙虚だった。

言葉が消えて、はじめて自分の成長に気づく。

 

 

そういうものだと僕は思う。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。