これから発信する君へ


もしもあなたが本気で夢を叶えたいなら、ファンを作ることからスタートしてください。

 

 

では、ファンを作るために何を始めたらいいでしょうか。

それは発信です。

 

 

「僕はここにいるよ」

 

それを発信することです。

アイドルになりたい人は、顔写真を見せて歌を聴かせダンスを披露せねばファンは増えません。

 

 

同じように、もしもあなたが僕のように講師を仕事にするつもりなら、ファンを作ることです。

そのために有効なのはメルマガ、SNS、ブログです。

「3種の神器」だと思ってください。

 

 

多くの人はその使い方を間違えています。

大切なことはファンづくり。

 

 

ファンしかあなたの商品は買いません。

多くの人はファンがいない状態から商品を探しに行き、その商品をあなたのファンではない人が集うSNS上にバラまきます。

 

 

だから、講座に人は集まりません。

 

 

まず、ファンを作ることです。

そして、そのファンとの関係性を深めることです。

そのためにメルマガは存在します。

 

 

つまり、メルマガ、SNS、ブログの使い方はこうです。

 

SNSはあなたのライフスタイルを魅せる場所。

SNSで「募集」をしてはいけません。

なぜならそれは、「私は人気がありません」を宣伝しているようなものなのです。

 

 

ラーメン屋は行列ができているだけで美味しく見えます。

「ウチは人気がありません!」と公言しているラーメン屋にあなたは行きたいでしょうか。

 

 

人は論理で理解しますが、感情で行動します。

SNS上でひたすら募集をかければ、内容は理解できるでしょう。

でも、心は動かない。

 

 

だから、人は集まってこない。

「行けたら行きます」

「今回は行けません」

そんなコメントが並びます。

 

 

SNSは自分のライフスタイルを魅せる場所なのです。

まら、そこに負の感情をばらまく人もいます。

講師には向いていないでしょう。

 

 

自分で自分を満たせぬ人間が、いったい他者の何を満たそうと言うのでしょうか。

「表現する者」は、読者の感情に対する責任があります。

 

 

ライフスタイルとして「何を魅せるか」も重要なのです。

感情を動かす投稿を心がけたいものです。

 

 

ブログはあなたの中にある「能力」を見せる場所。

読めば悩みが解決する。

そんなコンテンツが理想です。

 

 

時折「全部書いたら講座に来ないじゃないか!」と言われます。

安心してください。

すでにあなたの講座には人が来ていません。

全部書こうが書くまいが、人が集まっていないのだから、文句を言うのはお門違いです。

 

 

ブログを読めば、クライアントさんの悩みが解決する。

それでいいのです。

それでも人は会いに来ます。

なぜなら、ファンだからです。

 

 

音楽をダウンロードすれば、大好きなミュージシャンの楽曲を手に入れられます。

いつでもどこでも大好きな曲を聴くことができます。

 

 

でも、ファンは会いに行く。

ライブに行くのです。

 

 

「会いに行く」って言ったって、向こうはあなたのことなど知りません。

会場に行ったところで米粒です。

 

 

でも、行くのです。

それがファンです。

 

 

そして、ファンのみがあなたのメールマガジンを読みます。

そこにはもっと素直に、今のあなたを表現することができます。

 

 

そして、ファンにだけ「あなたの商品」を見せればいいのです。

 

 

これ、実は僕のオリジナルではありません。

売れてる講師がみんなやってることなのです。

 

 

でも、僕がいくらこれを伝えても、誰もやりません。

なぜでしょうか。

 

 

答えは簡単です。

時間がかかるからです。

 

 

ほとんどの人はブログも続きません。

メルマガも然り。

 

 

種を蒔きましょう。

種を蒔かねば芽は出ぬもの。

芽が出ても、すぐには花を咲かせぬもの。

 

 

それが自然の摂理です。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。