「出版する」という夢に向かって♬


僕には夢がある。

それは本を出すこと。

そして、その本を引っさげて全国を回ること。

 

 

そのために、これまでたくさんの時間とお金を使ってきた。

 

 

出版セミナーに参加したり。

出版合宿に参加したり。

編集会議なるものに参加したり。

出版エージェントに依頼したり。

 

 

アホみたいに、時間とお金を使ってきた。

そして、何の成果も出なかった。

 

 

残ったのはボツになった企画書だけである。

 

 

基本的に具体的なアドバイスはもらえない。

「ここをこう直したら出版できるよ」という指導助言が欲しい。

 

 

多くの場合、

「こんなのじゃダメだ」

「こんなのじゃ売れない」

と言われる。

 

 

時には、

「あなたじゃダメ」

と人間性を否定されたり。

 

 

時には、

「俺とは考え方が違う」

と、もはや企画の問題ではない指摘をもらったり。

 

 

人間ってのは弱い生き物だ。

こんなにやりたいことを次々に形にする僕だけど、否定されると心が折れる。

 

 

やっぱ折れるんだよ。

 

 

企画書を見せたら叱られたこともあった。

俺がいったい何をしたと言うのだろう。

 

 

悪いことをして叱られたなら、まだ納得が行く。

十分に吟味し必死になって企画を書いていったら叱られる。

それでも、こちらは本を出したい身。

じっと耐え忍ぶ。

 

 

そんなことを経験しているうちに、僕の心は弱っていった。

「出版したい」という気持ちは燃え盛っているのに、一方で「企画書を書きたくない」「企画書を見せたくない」という思いが強くなっていった。

 

 

叱られ、罵られ、不採用。

具体的な何かをつかめぬまま。

夢に近づいた実感なんてない。

 

 

こんなことを、もう5年も続けている。

笑っちゃうよね。 

そして、泣けてくる。

 

 

 

「努力は報われる」と耳にするたび、(そうでもないよ…)と言いたくなる。

 

 

 

気がつけば、「採用されなくてもいいから叱られない企画書」を考えるようになっていた。

オリジナリティーのない、他にもありそうな企画である。

 

 

そして、そんなものを作っていても楽しくない。

エネルギーが乗っていないこと、僕自身も気づいていた。

だって、怖いんだもん。

否定されたくないんだもん。

 

 

僕だって人間だよ。

がんばってもがんばっても成果が出ないのはツラい。

悲しい。

 

 

だから、傷つかないように、心を守ろうとする。

 

 

そんなとき、僕の心の支えとなってくれるのは妻の存在である。

 

「きっとあなたは大丈夫」

「出せるから、本出せるから」

と言ってくれる。

 

 

メルマガに「本を出したい」と書けば、たくさんの方から「絶対読みます!」とお返事をいただく。

それだけが励みである。

 

 

夢を叶える途中には、たくさんの「心を折る障害」が現れる。

そして、多くの夢は心を折られて終わる。

 

 

大切なことは、折れないことだ。

そのためには、応援してくれる人の存在が欠かせない。

そして、自分の中に「確かなパッション」が存在していることだ。

 

 

報われない努力はない。

そう胸を張って子どもたちに言えるよう、僕はもう少しだけがんばってみようと思う。

 

 

今度、出版社さんに行ってきます。

編集者さんに会うためです。

東京まで行ってきます。

 

 

企画書、全部捨てて、1から作り直しました。

これ以上書けないものを作りました。

 

 

これまで出会ってきたたくさんのお母さんから受け取ったことをまとめてみました。

これでダメならあきらめます。

そんな気持ちで作りました。

 

 

今、ちょっと燃え尽きていて。

やることはやった。

あとは天命を待つだけです。

 

 

夢を叶えるって、簡単じゃない。

簡単じゃないからこそ、夢なんだ。

 

 

あなたの夢はなんですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。