子どもや旦那が靴を揃えません!


「うちの旦那を見ているとイライラします」

「子どもを見ているとイライラします」

 

まあ、そんな女性って多いんですな。

 

 

で、ここで大事なのは、旦那がイライラさせているわけではないってことよ。

子どもがイライラされてるわけではないってことよ。

 

 

わかります?

 

 

旦那を見て、あなたがイライラしているのね。

子どもを見て、あなたがイライラしているのね。

 

 

旦那や子どもがイライラさせてるわけではない。

あなたがイライラしているだけ。

 

 

ここが重要。

 

 

なぜって?

 

 

旦那や子どもがイライラの原因だと思っていると、旦那や子どもを変えようとするじゃない?

でも、イライラの原因が「あなた」にあることがわかれば、あなたはあなたを変えればすむわけ。

 

 

わかります?

 

 

他人を変えるのって大変よ。

だって、あなた。

ダイエットすらできないじゃない?

 

 

自分を変えることすら難しい私たちが、他人を変えようとすると大変よ。

確実にぶつかるわね。

 

 

 

僕らってすぐに相手を変えようとするんだけどさ。

それって戦争しか起こさないわけよ。

 

 

だって、基本的に私たちは変わりたくない生き物だからさ。

変わるときは自分で変わる。

他人が自分を変えようとしてくるとイラっとくるよね。

 

 

で、自分はイラっとするくせに、他人は変えようとする。

ムッチャ厄介な生き物なんだよな。

 

 

ってことで、まず事実にちゃんと目を向けよう。

たとえば、子どもがさ、玄関の靴を揃えないとするじゃん?

で、どうしても母親としては「ちゃんと」させたい。

 

 

まあ、この「ちゃんと」なんてのは、マジで厄介な代物ですわな。

だって、この「ちゃんと」ってお前の中では「ちゃんと」だけど他者にとっては「どうでもいい案件」だったりするんだわ。

 

 

んで、「ちゃんと靴を揃えなさい!」なんて怒鳴って、イライラしている。

子どもは叱られたらやる。

 

 

悪いと思ってやるわけじゃない。

「叱ってくる人」を処理するためにやるのね。

 

 

(あぁ…、面倒臭い人だな…)と思いながら、片付けるわけね。

だから、何度でもやるよね。

失敗するよね。

 

 

まあ、あれさ。

世の中には2種類いるのよ。

靴を揃えた方がいいと思ってる派と、そこはどっちでもいいかな派がさ。

 

 

靴を並べるのなんて、ぶっちゃけ2秒でしょ?

気づいたら、自分で並べちゃった方が早いよね。

心が平穏でいられるじゃん?

 

 

でもさ、人は他者を思い通りにコントロールしたいんだよな。

だから、イライラして叱る。

自分のことをコントロールすらできないクセに、他人をコントロールするんだわ。

 

 

大切なことはさ、イライラを選ばないことだよ。

誰もあなたをイライラさせようとは思っていない。

 

 

ただ、子どもや旦那も精一杯生きてる。

精一杯生きてない人などいない。

 

 

自分が何にイライラしているのか、感じてみるといいよ。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。