イヤイヤ期の子どもを主人にひどく叱ります


2歳のイヤイヤ期の息子。

 

イヤイヤが続きすぎたら、感情的に主人が怒ります。

私は見ていて苦しくなり、怒っているのを遮るとさらに息子に怒るので、止められません。

 

主人に叱られたあと、息子を抱きしめています。

落ちついたら、また息子は主人と仲良くします。

 

息子に対する主人の叱り方を変えてほしい場合、どう伝えたらいいですか。

 

 

みんな、正義だと思って生きてるんだな。

 

 

仮面ライダーの「悪の秘密結社」もさ、

「俺たちは悪いことをしている!」なんて認識はなく、

「自分たちの正しさ」で動いてんだよ。

 

 

たぶんね、反社会的勢力の皆さんですら、

「俺たちは正しい!」と思ってやってんだよね。

 

 

「騙される方が悪い!」みたいな感じね。

 

 

つまりさ、この世界を「正義」と「悪」で切り分けるのは難しいわけさ。

 

 

2歳の子どもが「イヤイヤ」ってする。

まあ、「イヤイヤ」ってしとるわけじゃなくて、「イヤイヤ」ってさせとるわけですがね。

 

 

子どもって思い通りにいかんよね。

ぶっちゃけ他人はコントロールできんのだけど。

僕らは他人をコントロールしたがる。

 

 

んで、とりわけ子どものこととなると、「コントロールしたい欲求」が強くなる。

力づくでコントロールしようとする。

 

 

ある程度の年齢までは、この力づくのコントロールが効くんだよな。

でも、やがて子どもは親を追い越すから。

そのとき、パワーバランスが崩れる。

 

 

家庭内暴力なんてのは、そんなとき起こる。

 

 

反抗期だって同じ。

反抗すべき相手に親がなっちゃってるから反抗する。

反抗する対象じゃなければ反抗しない。

 

 

力づくで抑えるってのは、愚か者のすることなんだわ。

 

 

たださ、父ちゃんの気持ち、俺、ムッチャわかるよ。

俺もそうだったもん。

 

 

いいオヤジになろうとしてた。

必死だった。

厳しくするのが愛だと思ってた。

 

 

だから、子どものことに一生懸命になるオヤジの気持ち。

怒鳴って叱って力づくで抑えようとする気持ち。

俺はそれもよくわかる。

 

 

でも、あなたはそれが苦しいんだよね。

それを見ているのが苦しいんだよね。

 

 

その気持ちをよくわかる。

 

 

だからね、その苦しい気持ちを伝えよう。

そして、旦那の気持ちにも耳を傾けてみよう。

 

 

僕にはコミュニケーション能力という素晴らしい力が備わっている。

互いが冷静なときに、丁寧に話し合おう。

 

 

感情的に叱っているときに、感情的に止めに入れば、引くに引けないのが人の心というものでしょう?

だって、お互い正義なんだもん。

 

 

正義と正義が戦えば、終わりのない戦争しかできないから。

悪は滅びるよ。

でも、正義と正義じゃ終わりが見えないんだわ。

 

 

そして、息子を抱きしめるママ。

ムッチャええやん。

抱きしめたって。

ムッチャ抱きしめたって。

 

 

んで、充電できたら、また父ちゃんと戯れるんでしょ?

ええやん。

 

 

って言うかさ、もしかしたら、問題は何も起きていないのかもしれないよ。

子どもにとっても。

旦那にとっても。

 

 

魔法の質問

自分の中に
「コントロールしたい」
という欲求はありますか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。