オキシトシンにご用心!


オキシトシンをご存知ですか?

 

 

出産のとき、下垂体にある細胞から大量のオキシトシンを分泌します。

それらが子宮や産道を収縮させ、陣痛を引き起こすのだそうです。

また、乳腺を収縮させ、母乳を出させます。 

出産と授乳において大切な役割を果たすオキシトシン。

別名「母のホルモン」と呼ばれています。

 

 

また、オキシトシンは雌雄のペアを作ったり子育てをしたりと、子どもや異性への愛着を司る場所に働きかけるのだそうです。

 

 

海外では、オキシトシンは母乳の出をよくする薬として販売されているのだとか。

この薬を飲むと、我が子に対する愛情が増します。

また、カップルが使うと、触れ合ったり見つめ合ったりする機会も増えるのだそうです。

 

 

ところが、このオキシトシンには別の効果もあります。

それは攻撃性の増幅です。

 

 

子どもやパートナーに対する愛情が増幅する一方、子どもに危害を加えたり子育ての邪魔をしたりする者に対して、攻撃性が増すのだそうです。

子育て中の動物は、子どもを守るため、敵とみなした相手には攻撃的になる習性があるのです。

 

 

子育て中のお母さんは、赤ちゃんに触れ授乳もしていることから、オキシトシンが大量に分泌されています。

愛情を感じたとき、その気持ちは何倍にも増幅される一方、不快に感じたときには、その気持ちも何倍にも増幅されるのです。

 

 

ですから、感情の起伏が激しくなってしまうのも無理はありません。

お母さんが悪いわけではないのです。

それは、動物としての仕組みなのです。

 

 

育児をし子どもを守るために、神様はお母さんをそのようにデザインしたわけですね。

 

 

だから、重要なのはパパさんの関わりなのです。

お母さんは24時間営業、年中無休で働いています。

 

 

先日も、お母さんのための学校PLCで、「週末に旦那さんがゴルフに行ってしまう」という話題が出ました。

 

 

お父さんは、「お父さんモード」のときと「自分モード」のときが存在します。

我が子を目の前にしたときには、「お父さん」になります。

でも、それ以外は「自分」です。

 

 

週末、友だちや上司に誘われればゴルフを入れてしまいます。

もちろん、事前に家族の予定を入れておけば、その日は外してくれるかもしれません。

でも、予定を入れておかなければ他の予定を入れてしまうわけです。

 

 

ところが、お母さんは違います。

生活の中心に子どもがいます。

 

 

子どもの習い事、部活動、お友達と遊ぶ予定。

そういったものに振り回されていきます。

 

 

自分の予定よりも子どもの予定が優先されていきます。

 

 

自分の予定を入れたければ、子どもをどうしようか?と考えるのがお母さんです。

食事のこと、次の日の準備のこと。

考えねばならないことは山盛りです。

 

 

「お母さん」と「妻」という鎧を纏っています。

その鎧を脱ぐことがなかなかできないのです。

 

 

子どもの前でだけ「お父さん」を演じればいい男性とは大きく異なります。

 

 

男性はそこを理解し、どんどんお母さんのサポートをするといいでしょう。

少しでもお母さんが心休まる時間を作るために何ができるでしょうか。

 

 

そういった行動のひとつひとつが愛情を高めます。

 

 

人間は一人では子育てのできない生き物です。

人類は一人では子育てができない。

 

お父さんにはお父さんの役割があり、お母さんにはお母さんの役割があります。

我が家にも、子どもが3人います。

僕に「お母さん」は務まりません。

代わりはできないのです。

 

 

僕にできることは、妻が子どもたちに優しくいられるようにサポートするだけだと思うのです。

彼女が彼女らしく生きられるお手伝いをしていくイメージでしょうか。

 

 

年老いてから妻に捨てられないための魔法の質問

 支えられていると感じるのはどんなときですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。