子どもは子どもらしいのが一番さ♫

ママたちが非常事態!?

動物の赤ちゃんは、

抱きかかえられて移動すると泣き止む習性を持っている。

 

 

赤ちゃんを抱きかかえると、

お母さんは無防備になる。

 

 

泣いたりして、

外敵に気づかれれば母親を危険にさらすことになる。

 

 

そこで、赤ちゃんを抱きかかえられて移動すると、

泣き止むらしい。

 

 

そのような動物としての習性が人間の赤ちゃんにも残されている。

僕にも、泣いている赤ちゃんを抱いて少しお散歩をすると泣き止んだ経験がある。

それはどうやら、僕のあやし方が良かったわけではなく、生き物としての習性のようなのだ。

 

 

そんなわけで、今日も「人間は動物である」という視点で考えたい。

 

 

人間の赤ちゃんは大変無防備な状態で生まれてくる。

大人の保護なくして生きることはできないし、その年月はしばらく続く。

 

 

それには理由がある。

 

 

人間は四足歩行から二足歩行に進化した生き物である。

その際、直立姿勢を保つために骨盤が狭められていった。

すると、骨盤が狭められたことによって、産道も狭められることになった。

 

 

狭められた産道を通ることができるよう、人間な赤ちゃんは脳が未熟な状態で生まれてくるのだそうだ。

その大きさは大人の脳の3分の1程度しかない。

他の動物がほぼ大人と同サイズで生まれてくることを考えると極端に小さなサイズで生まれてくることになる。

 

 

生命維持に必要な最低限の機能だけを脳は宿して生まれてくるわけだ。

 

 

子どもを見ていると、

「なんでこんなこともわからないの?」

「何度言ったらわかるの?」

なんて思うことがある。

 

 

自分の子育てが悪いのではないか、

と自分を責めてしまうお母さんも多い。

 

 

だが、人間は脳が未熟なまま生まれ、少しずつ脳が成長することで様々なことを理解し始める。

お母さん自身を責めることも、子どもを責めることも必要のないことだ。

 

 

人間には発達段階というものがある。

人間の成長は一段飛ばしには起こらない。

少しずつ少しずつ階段を登るように成長していく。

 

 

成長が早いことが素晴らしいことではない。

その子にはその子のスピードがある。

それを信じてあげるだけでいいのだ。

 

 

焦らなくたって、みんな大人になる。

子どもは子どもらしいのが一番だよ。

 

 

僕はそう思う。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

 どんなとき成長を感じますか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。