いつもいつも悩んでいる人の正体を明かそうか?


私たちは誰もが「愛されたい」と願っている。

他者に大切にされたい。

そんな思いを、誰もが持っている。

 

 

では、他者に愛される、大切にされるために、どう生きればいいだろう?

 

 

もっとも大切なことは、愛される人になることである。

大切にされる人になることである。

 

 

人間関係は鏡だ。

他者を愛し、他者を大切にする。

それだけで、愛される人になれる。

 

 

そのためには、自分を満たすことが大切だ。

自分の心が満たされぬまま、他者を愛するなど不可能。

まず、自分の心を満たす。

その満たされた心で、他者を愛する。

 

 

さすれば、あなたもきっと愛される。

 

 

ところが、もっと簡単に愛される方法がある。

 

 

それは弱者を演じることだ。

弱い人間を演じることは、周囲の注目を浴びる最も簡単な方法である。

 

 

あなたの周りに、「常に悩んでいる人」はいないだろうか?

まだ起きてもいないことに恐れを抱き、悲劇のヒロインを演じている人だ。

妄想劇場の住民と呼んでもいい。

 

 

わかりやすく言うと「カマッテちゃん」である。

 

 

彼女たちはエネルギーバンパイアである。

妄想劇場を繰り返すことで、人のエネルギーを吸い尽くす。

 

 

けれど、彼女たちに罪はない。

弱者を演じることが、唯一の愛される手段なのだから。

 

 

「私は辛いんです」

「私はかわいそうなんです」

「私は悩んでます」

 

 

そんな発信を繰り返す人がいる。

その発信が必要なのだ。

必要だから繰り返しているのだ。

 

 

なぜって?

愛されたいから。

愛されるためには、弱者を演じるほかはない。

 

 

自分がいかに可哀想な人かを演じることで、愛を手にいれることができる。

そうやって他者の愛を食べ尽くす。

ゆえに、エネルギーバンパイアと呼ばれる。

 

 

本当に弱い存在なのか。

それとも、弱者を演じているのか。

 

 

よくよく眺めてみるといい。

あなたの愛をそんなものに吸われてはならない。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。