人生、このままでいいの?


「勉強しなさい」と言われ、一生懸命学んだ小・中学生のころ。先生からもそれなりに褒められ、私、真面目に生きてきた。

 

いい学校に入り、いい会社に入りなさい。そう言われて、私、真面目に生きてきた。

 

これからの時代は女性だって、勉強できなきゃいけないって言われて、私、真面目に机に向かい、それなりの成績を取ってきたんだ。

 

月日は流れ、それなりの会社に就職し、それなりの彼氏ができた。恋はいつしか愛に変わり、そして寿退社。小さいながらも我が家を建てた。やがて、子どもが生まれ、私、ママになったんだ。

 

人から見れば、きっと幸せな生活。何不自由ない暮らし。順風満帆。

けれど、けれど。心が満たされないのはなぜだろう? 

 

こんなことを言ったバチが当たるかもしれないけれど、私、気づいてしまった。

 

 

(私、今、そんなに幸せじゃない…)

 

 

ご近所さんからは「◯◯さんのところの奥さん」と呼ばれ、ママ友や子どもたちから「◯◯ちゃんのママ」と呼ばれ。まして、旦那まで「お前」と呼ぶ。

いつの間にか私、名前で呼ばれることはなくなった。

 

 

(あれ?私って誰だっけ?)

 

 

外食は子どもの好みを優先して。やること為すこと、いちいち旦那にお伺いを立てて。身だしなみはお母さんらしくしなきゃね。

 

子どもが小さいんだもの。我慢、我慢。

だって、お母さんだよ。ちゃんとしなきゃ。

 

 

やりたいことをやってる旦那。

男はいいよね。好きなことやってて。

 

追い立てられるように家事をして、一息ついたら子どもが泣いて。

 

 

(泣きたいのは私だよ…)

 

それでも真面目に子育てをやってきた。

旦那からのダメ出し。父母からのダメ出し。そんな声にも耐えてきた。

 

 

私、お母さんだから、ちゃんとしなきゃって。幼稚園に行き渋るこの子に手をあげそうになる。そんな日もあった。

 

 (泣きたいのは私だよ…)

 

泣きじゃくる子どもに怒りすら覚えた。

私、いいお母さんじゃないかも。そう思うと苦しかった。

 

 

誰もわかってくれない。誰も認めてくれない。

そんな毎日を過ごしてきた。

 

 

やがて子どもが大きくなり、少しずつ手を離れ始めた。

そして、私、気づいてしまった。

 

 

 (私の人生、このままでいいの?)

 

今、僕のところにはそんなお母さんたちからの相談が後を絶ちません。

女性として真面目に生き、真面目に学び、ちゃんとお母さんをやってきました。いつも子どもを優先し、旦那に尽くしてきた素敵なママたちです。

 

 

そんなママたちが今、自分の生き方に疑問を感じ始めているのです。

 

 

 「女は家庭を守るもの。育児と家事はお前に任せた」

 

 

そのような時代は、もうとうの昔に終わりました。

女性は男性よりも時代の変化をつかむ感度が優れています。令和という新たな時代は、女性がますます活躍する時代になるでしょう。

高い感度と豊かな感性で切り拓く、そんな時代なのですね。

 

 

昨今、ママ起業というものが流行っています。成功した女性起業家が煽り、女性だけの競争コミュニティーを構築しています。

そこは言わば、女性版男性社会。そんなコミュニティーに息苦しさを感じているママたちも増えているのです。

 

 

もう競争する時代は終わりました。

誰かと比べる時代から、自分らしく生きる時代へ。今、世界は動き出しているのです。

 

 

 

だから、あなたに伝えたい。

あなたはあなたの人生を、感じるままに、心の赴くままに生きていい。

なぜって、あなたの人生はあなたのものだから。

 

 

子ども優先、旦那優先。自分ではない誰かが主役で、私は脇役。もうそんなあなたは卒業てもいいんじゃないかな

僕はそう思うのです。

 

 

あなたは幸せに生きていいんだよ。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。