夫婦のすれ違いは伝えるべきことを伝えぬことから始まるのです。


彼女は旦那さん思いの奥さんでした。

自分だって好きなことをやりたいけれど、旦那さんのことを思えば(申し訳ないな…)が顔を出す。

そんな女性でした。

 

 

彼女にはどうしても行きたいイベントがありました。

でも、その日は土曜日。

旦那様もいっしょに過ごすことを楽しみにしています。

 

 

だから、「イベントに行きたい」となかなか言えない奥様。

「今週末、何する?」とウキウキした旦那様。

 

 

そんな折、奥様、ちょっと体調を崩してしまわれたのだそう。

(これはもう、イベントはあきらめるしかないな)

そんな気持ちで、奥様、沈み込んでしまいました。

 

 

ところが、です。

週末に向けて、奇跡的に身体が回復していきました。

 

(これならイベントに行けるかも)

 

 

奥さんは期待に胸を膨らませるわけです。

と同時に、自分が体調が悪いときに、家事の一切を切り盛りしてくれた夫のことも気がかりです。

 

 

せっかくの週末なのに、私だけで出かけるなんて…。

そう思えば、なかなか切り出すこともできないのです。

 

 

すると、不思議なものです。

娘さんが胃腸風邪にかかってしまったのだそう。

 

 

これで、妻は母として、イベントのことはスッパリあきらめがついたのだそう。

面白いのはここからで、スッパリあきらめがついたら、旦那様にその話ができるようになったのだとか。

 

 

不思議なものです。

 

 

「私、こんなイベントに行きたかったんだけど、言い出せなかったんだよね」って。

そして、「子どもが風邪を引いたから、あきらめたんだけど」と伝えました。

 

 

すると、どうでしょう。

旦那さんは寂しいそうにつぶやきました。

 

 

「行ってくればよかったのに…」

 

 

子どものことは心配いらない。

あなたはあなたの好きなことをすればいいんだよ。

そんな愛にあふれた旦那様でした。

 

 

でもね、奥様、後に述懐してこうおっしゃるのです。

 

 

「私、嫌われるのが怖かったんだと思います」

 

 

ダメな妻、ダメな嫁。

そう思われるのが怖くて、良き母・良き妻を一生懸命演じてみる。

それはとても苦しいことです。

 

 

旦那様だって心得ていて、妻にそこまでは要求していない。

そんなことも多くあります。

 

 

話せばわかること。

伝えあえば分かり合えること。

僕らにはたくさんあると思うのです。

 

 

夫婦だからこそ、伝え合える。

夫婦であっても、伝え合わねばわからない。

そういうものだと思うのです。

 

 

「私、このイベント行きたいんだよね」

 

 

その一言は、実は信頼の証です。

我が家など見てください。

妻がよくいなくなります(笑)

 

 

信頼の証です。

えっ?信頼の証ですよ。

なんですか?

ほったらかし?

 

 

いやいやいやいや。

信頼の証っすよ。

 

 

ってなわけで、夫婦ってものは話し合わねばならぬのです。

伝え合わねばならぬのです。

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。