テレワーク時代、ますます夫婦生活が難しくなる!


また緊急事態宣言。

日本は、いや世界はどうなっていくんだろう…。

 

 

いや、しかし。

いや、しかしだ。

 

 

世界の情勢もさることながら、家庭内の情勢も大変なことになっているらしい。

 

 

テレワークの推奨。

まー、つまり、「家で働く」がどんどん進んでいる。

ってことで今、「家にいる夫」が増えている。

 

 

これが各ご家庭の負担を増やしているらしい。

「ひとり」のときは「まー、お昼はテキトーでいいか」と思えたものが、「ふたり」となると話が変わる。

そこに「気遣い」が生まれる。

 

 

いっしょにいる時間が増えるということは、それだけ向き合わざるを得ない時間が増えるということ。

不仲というわけではないご夫婦だって、向き合う回数が多くなれば必然的に衝突するリスクも高まる。

 

 

我が家の場合も、そんなことを4年もやってきたわけだけど、じゃあ「慣れたか」っていうとそうでもない。

お互いに「我慢」をしながら、だましだましやってきた…という感じがする。

そんなに狭い家ではないけれど、それでもテレワークってのはなかなか難しい。

 

 

外で働く人はオンとオフがある。

仕事モードと家庭モードだ。

 

 

これが自宅で仕事をしていると、ごちゃごちゃする。

仕事していると、洗濯機が止まる音がして、仕事が寸断されたり。

飲み物が欲しくて冷蔵庫に行ったら洗い物が気になったり。

 

 

最近はオンラインで会議をすることも増えたけれど、その間は家族に「静寂」を要求しなきゃいけなかったりもする。

家庭で仕事をするということは、それ相応の負担を家族に要求することになる。

 

 

確かにテレワークって今どきっぽいし、「なんか自由でいいよね」って感じもする。

出勤するのって無駄に見えるし、オフィス代もバカにならない。

でもね、案外そうでもないのだ。

 

 

「亭主元気で留守がいい」なんてCMが昔流行ったけれど、旦那さんが元気に仕事をしていると、奥さんの負担が増えたり気が休まらなかったりする。

こうやって蓄積されたイライラが、やがて夫婦仲をギスギスさせる。

 

 

「気」というものは不思議なもので、夫婦仲が悪くなれば、家庭の空気はよどむ。

何もスピリチュアルなお話ではなく、僕らは雰囲気というものを敏感に感じている。

不穏な空気をいち早く察知して、「ねえ、なんかあったの?」なんて尋ねたりもする。

 

 

家を離れて、家庭モードから仕事モードへ切り替える。

オフからオンへ切り替える。

こういうことって実は重要だったりもする。

 

  

僕らは全員が「違う生き物」である。

どこかで「人類は1種類」と捉えているところがある。

 

 

みんな、自分と同じ生き物で、同じ考え方をしているし、同じ反応を示すし、同じところを見ている。

そんな錯覚をしているところがある。

だから、ぶつかる。

 

 

異なる人と出会うと、「なんで?」「おかしくない?」と感じる。

「違い」を「間違い」と捉えてしまう。

 

 

そうではない。

みんな違う、別の生き物。 

見えている世界も、考えていることも、示す反応も、大切にしている価値観も全部違う。

 

 

そんな違う生き物といっしょに暮らしていれば、それなりに軋轢が生まれるもの。

だからこそ、ほどよい距離が必要なのだと思う。

 

 

テレワーク時代に突入し、夫婦が向き合わざるを得ない時間はますます増えるだろう。

居心地の悪い夫婦も多いかもしれない。

 

 

そんなとき大切なことは「相手を理解すること」

そして、ほどよい「あきらめ」

 

 

テレワーク環境を整えるってことは、何もディスク周りを整頓するだけでは終わらない。

夫婦関係を整えておくことの方が最優先なのだろうと思う。 

そうすることが仕事のパフォーマンスを上げるうえでも重要なのだ。

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。