「私は家政婦じゃない!」とお嘆きの奥様へ

夫婦仲が悪い

夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

そもそも結婚を決意したとき、

男は「男」であり、

女は「女」であったはずなのだ。

 

 

気がつけば、

夫が「男」から「子ども」になってしまった

 

 

「我が子以外に、もうひとり、大きな子どもができた感じなんですよね」

 

 

何一つ自分のことができない夫にイライラ。

家にいるのに、ワンオペになってしまう夫にイライラ。

 

 

そうやって、不満のエネルギーが充電されていく。

 

 

気がつけば、夫が「おい!」とか「お前」とか呼んでくる。

終いには「母さん」と呼ぶ。

 

 

 

 

あたしはお前の

「母」じゃない!

 

 

 

 

夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

我が家では、僕が率先して洗い物をする。

理由のひとつは、彼女の手が荒れるからだ。

 

 

「手が荒れるから」とゴム手袋を買ってくる彼女。

そして、つけ忘れる彼女(笑)

 

 

それで一言、

「手が荒れるから、洗い物が大変」

と言う。

 

 

 

(ゴム手袋、なんで着けないの?)

とは思うけれど…。

 

 

 

天然なのか、策士なのか。

とにかく「手が荒れるから」と妻が言う。

 

 

それで僕は洗い物をする。

手が荒れて辛そうな彼女を

僕は見たくない。

 

 

 

 

まあ、でも、やっぱ

(なんで買ってきたのにゴム手袋着けないの?)

とは思うけどね(笑)

 

 

 

「ついつい着け忘れる」と彼女は言う。

なんかロジックおかしいけれど。

僕は男として彼女を受け入れたい。

 

 

 

夫は「男」であり続けよう。

なぜなら妻は「女」でいたいのだから。

 

 

 

妻が「いい女」でいられるよう、

最大限努力をするのが男である。

 

 

それから、妻は名前で呼ぼう。

間違っても「母さん」とか「ママ」と呼ぶのはやめよう。

少なくとも2人でいるときは、男と女に還ろう。

 

 

 

 夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

 

愛し合って家族になった二人だから。

やがて、子どもが巣立てば二人に戻るのだから。

 

 

「男」と「女」で在り続けようよ。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。