「私は家政婦じゃない!」とお嘆きの奥様へ

夫婦仲が悪い

夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

そもそも結婚を決意したとき、

男は「男」であり、

女は「女」であったはずなのだ。

 

 

気がつけば、

夫が「男」から「子ども」になってしまった

 

 

「我が子以外に、もうひとり、大きな子どもができた感じなんですよね」

 

 

何一つ自分のことができない夫にイライラ。

家にいるのに、ワンオペになってしまう夫にイライラ。

 

 

そうやって、不満のエネルギーが充電されていく。

 

 

気がつけば、夫が「おい!」とか「お前」とか呼んでくる。

終いには「母さん」と呼ぶ。

 

 

 

 

あたしはお前の

「母」じゃない!

 

 

 

 

夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

我が家では、僕が率先して洗い物をする。

理由のひとつは、彼女の手が荒れるからだ。

 

 

「手が荒れるから」とゴム手袋を買ってくる彼女。

そして、つけ忘れる彼女(笑)

 

 

それで一言、

「手が荒れるから、洗い物が大変」

と言う。

 

 

 

(ゴム手袋、なんで着けないの?)

とは思うけれど…。

 

 

 

天然なのか、策士なのか。

とにかく「手が荒れるから」と妻が言う。

 

 

それで僕は洗い物をする。

手が荒れて辛そうな彼女を

僕は見たくない。

 

 

 

 

まあ、でも、やっぱ

(なんで買ってきたのにゴム手袋着けないの?)

とは思うけどね(笑)

 

 

 

「ついつい着け忘れる」と彼女は言う。

なんかロジックおかしいけれど。

僕は男として彼女を受け入れたい。

 

 

 

夫は「男」であり続けよう。

なぜなら妻は「女」でいたいのだから。

 

 

 

妻が「いい女」でいられるよう、

最大限努力をするのが男である。

 

 

それから、妻は名前で呼ぼう。

間違っても「母さん」とか「ママ」と呼ぶのはやめよう。

少なくとも2人でいるときは、男と女に還ろう。

 

 

 

 夫は「子ども」でいたい。

だから、妻に「母」を求める。

 

 

一方、妻は「女」でいたい。

だから、夫に「男」を求める。

 

 

 

愛し合って家族になった二人だから。

やがて、子どもが巣立てば二人に戻るのだから。

 

 

「男」と「女」で在り続けようよ。

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。