うちの妻、知りませんか?


ウチの妻はよくいなくなる。

っていうか、ほとんど家にいない。

 

疲れて帰ってくる。

ぼんやりしている。

 

 

1時間後も、そこでぼんやりしている。

仕方なく僕が洗い物を始めると、思い出したように動き出す。

 

 

「お茶、淹れようか?」

なんて声を、たまに優しくかけてくる。

 

 

「じゃあ、お願い」

と僕も返す。

 

 

すると、急須にお茶っ葉が入った状態で放置されること30分。

僕は仕方なく自分でお湯を注ぐ。

 

 

「じゃあ、行ってきます」

そう言って出かける妻。

リビングのカゴの中に洗い立ての洗濯物。

僕は黙って洗濯物を干す。

 

 

「なんか仕事しなきゃな」

「どうやったら稼げるんだろ?」

と、よく尋ねてくる。

 

最初のうちは、僕も一生懸命答えていた。

 

 

「こんなことができるんじゃない?」

「あんなことができるんじゃない?」

 

 

そのたびに「あーでもない、こーでもない」と言い訳をする。

それで、僕は「働く気なんてないんでしょ?」って尋ねる。

 

 

「そうなんだよね」と返事をする。

それがウチの妻である。

 

 

「働きたくない。でも、好きなことはしていたい」

そうやって彼女は言う。

「それ、ニートが言う言葉だからね」

と僕は返す。

 

 

「会いたい人に会い、行きたい場所に行く」

がモットーの妻は、よく家を空ける。

いや、もう、驚くほど空ける。

 

 

さすがに自粛期間中は少しだけ(?)自粛していたけれど。

もう、ここ最近はほとんど家にいない。

彼女だけでも緊急事態宣言を出しておいてくれないかと政府には強く要求したい。

 

 

先週も金曜日から月曜日まで東京に旅立っていた。

そして、今度は土曜日から…、いつ帰ってくるのかわからない。

平日だって、ほとんど家にいなかったしね。

 

 

もちろん、ビジネスをしているママ起業家の中には、日本全国を飛び回っている人もいるだろう。

だが、間違えないでほしい。

彼女はただ、遊びに行っているだけである。

 

 

たぶん、3児の母親で、主婦業を全うするでもなく、働くわけでもなく、ただ「会いたい人に会い、行きたい場所に行く人」はそうそういないのではないか。

決して彼女は儲かっている会社の社長夫人ではない。

僕が必死に昼夜を惜しまず働いて稼いだお金を、昼夜を惜しまず遣っている人に過ぎない。

 

 

「せめて遊びに行くお金ぐらい働いたら?」と言うのだけど、どうやらその気はないらしい。

自分で起業しなくたって、パートだっていいのである。

お金を稼ぐ手段はいくらでもあるはずだ。

 

 

だが、しかし、である。

だが、しかし、である。

 

 

 

とにかく働きたくないし、遊んでいたいのだ。

世のニートたちの憧れのような生き方である。

 

 

 

この話をすると、「多くの方から、よく離婚しないよね」と言われる。

うん、自分でも不思議だ。

 

 

 

「でも、私がご縁をつないできてるんだからね」

と彼女は勝ち誇ったように言う。

「ご縁をつなぐことが仕事」と言って憚らない。

 

 

ちょっと…、いや、かなり勘違いをしている。

 

 

「ご縁をつないでくる」が仕事として成立するように、僕はオンラインサロンを作っているだけである。

トークライブを企画し、集客しているだけである。

 

 

 

僕がそうやってマネタイズする方法を生み出さなければ、「遊んできて友達作ってきただけの人」でしかない。

 

 

そんなわけで、僕は彼女を「疑似餌(ルアー)」と呼んでいる。

大海原に回遊させて、釣れてきた魚をどう料理するかを必死になって考える。

 

 

 

「私はすごい!」って言うけれど、たぶんそれを成立するように考えている俺の方がすごい。

 

 

そもそも、僕が在宅で仕事をし、しかもおそらく普通の旦那さんよりも料理や家事ができるという、ハイスペックなお父さんだから成り立っているだけである。

 

 

よく移動距離は収入に比例する、と言われる。

だから、本来は僕が移動した方が収入は多くなると思われる。

彼女の場合、収入を生み出さないため、どれだけ移動距離が伸びても、掛け算するとゼロである。

 

 

ただ、我が家は妻がいないと、とても静かである。

みんな、自分のやりたいことをやっている。

僕が子どもたちに何かを要求することはない。

 

 

自分のペースで料理をし、洗濯をし、洗い物をする。

あと冷蔵庫の中とかがどんどん綺麗になる(捨てまくる)。

ちなみに、彼女がいるときに捨てると、文句を言われるので気が滅入る。

 

 

そんなわけで、今日も妻がいない。

 

 

僕はよく彼女に「なんでそれが許されるのかわからない」と言う。

言ってることとか、やってることとか、社会通念上けっこうムチャクチャだよな…と思う。

 

 

もし可能なら、一度奥さんを交換してみたい。

世の旦那様に、あれは普通なのか、確認していただきたい。

 

 

残念ながら、僕は他の女性と結婚したことがないため、一般的な結婚生活がどういうものか、想像できない。

世の旦那様は、こんなにも家庭で動くものなのだろうか。

動かないと成立しないものなのだろうか。

 

 

そう。

1週間ぐらい、他の奥さんと結婚生活を送ってみたい。

離婚したい、とかそういう意味ではない。

これは普通のことなのか?ということを確認したい。

 

 

…というわけで、今日からまた父子家庭。

別にもう、特別なことではない。

子どもたちも誰一人気にしていない。

 

 

お母さんがいない状態が日常になっている。

こういう家庭って珍しいと思う。

 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。