褒めたっていいんじゃないの?

子供の接し方 子供の関わり方

「褒める」ってのは、あんまりよくないらしい。

でもさ、でもさ。

アタシャ、褒めたいよ。

 

褒めたってよくない?

 

大切なのはさ、結果を褒めないこと。

褒めたいことを褒めないこと。

これがなかなか難しいんだけどね。

 

大人が望む結果。

大人が望む行動。

そんなときだけ褒めないことだよね。

 

 

大人ってさ、意図をもって褒めちゃうもん。

僕もそう!

「お手伝いできたねー!えらいよ!」

「テストがんばったねー!素晴らしい!」

 

そこにはさ、お手伝いしろよ、勉強がんばれよって意図があるわけね。

無意識かもしんないけど子供には伝わるんだな。

 

そうじゃないの。

で、提案。

 

 

朝起きたら10個、無理やり褒めてみる。

褒めることを探してみる。

うん!

そうすると、見え方が変わるんだ。

アンテナの感度が上がる。

 

さあさあ、やってみよう。

 

「寝顔がかわいい」

「朝、自分で起きてきた」

「おはようって言えた」

「生きてる」

「着替えてる」

「残さずご飯食べた」

「食器を下げた」

「顔洗って歯磨きした」

「笑顔」

「遅れず出ていった」

 

なんだ!むちゃくちゃいいじゃん!

もう、君、サイコー!

 

伝えなくたっていいからさ。

心の中で褒めてみる。

 

あのね、

あのね。

 

叱っちゃダメ!

褒めちゃダメ!

んーっ!めんどくさいな。

 

 

僕は褒めていいと思うよ。

 

ただね、どうしたって

「親が望む行動をしたとき」

「親が望む結果を出したとき」

だけ褒めちゃうじゃない?

 

そこだよね、問題は。

 

だからこそ、自分の言葉をよくよく見つめる。

ただそれだけ。

 

「あれやっちゃダメ、これやっちゃダメ」なんて考えてたら、会話ができなくなっちゃうもんね。

あとで振り返ればいいのさ。

僕らは子供に育てられているのだから。

 

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

自分が望む行動や結果のときだけ褒めていないかい?