今すぐできる、子どもを輝かせる方法

雪の中の女の子

「自分を磨く」なんて、よく耳にします。

んで、資格を取ったり、自己啓発本を読みあさったりします。

そして、気づきます。

 

 

 

大して人生って変わらね〜…と。

 

 

 

では、お聞きします。

磨くって、どういうことでしょうか?

 

 

 

はい。

「磨く」とは?

 

というのが、今日のお話です。

 

 

 

車のボディーをピカピカに磨いたこと、ありますか?

ワックスつけて、何度もこすってピカピカにします。

 

 

アクセサリーだろうと、メガネのレンズだろうと一緒です。

汚れを落としたら、さらに何度も何度も拭いて♪

 

 

   拭いて♪

 

 

 

   拭いて♪

 

 

 

曇り一つない状態。

それが磨かれた状態です。

 

 

 

汚れた上に、知識という名の鎧をまとい、さらに思考を重ね、脂でギトギトにしていく。

そういうのは、「磨く」ではないんです。

 

 

つまりね。

磨くってのは、いらないものを全部手放していく作業。

最後に残ったものが本当の輝き。

 

 

それを大事にすることが磨くなわけですよ。

 

 

だからね、資格を取っても自己啓発書を読んでも、結局輝けないのはさ、そういうことなんです。

 

 

余分なものを全部取っ払って、本当にやりたいことを集中する。

そしたら、あなたは輝けるわけです。

 

 

だって、それが「磨く」なんだもん。

 

 

 

 

子育ても同じだよ。

 

 

 

子どもを見てさ、「あれもさせなきゃ!これもさせなきゃ!」ってなる。

そうやって、いろんなものをべたべた塗りたくったらさ、この子の輝きは全然見えなくなるわけ。

 

 

 

子どものことを心配な気持ちもわかるよ。

でもさ、心配はすればするほど、足りない部分に目が行っちゃうわけですよ。

 

 

 

本当の輝きってのはさ、「今あるもの」を光らせることにあるのね。

 

 

だって、余分なものを全部手放した先に磨かれたものがあるなら、それは外から身につけるものではなく、内側にすでにあるものでしょう?

むっちゃ良いこと言うね、オレ♡

 

 

 

結局、子どもを輝かせるってのは、磨くってことで。

磨くってことは、余分なものを全部取っ払うってことで。

全部取っ払えるのは、この子を信頼しているってことなわけ。

 

 

 

この子が生まれた日のこと、覚えてる?

ここに命がある。

生きてるだけで百点満点だ!って思ったでしょ?

 

 

それ、それ。

その日の気持ちを少しずつ忘れてね、僕らの親心もまた、いろんな思考がドロドロくっついて、子どもとの関係を壊していくようになるんだな。

 

 

「子どもを磨く」なんていうけどさ。

そのために必要なのは、僕ら親自身を磨くことの方が先だよねって話なのさ。

 

 

 

で、それは足繁く子育て講座に通うことでも育児書を読み漁ることでもなく、この子が生まれた日のことを思い出すことなんじゃね〜かな、と僕は思うわけですよ。

 

 

 

子どもを輝かせる魔法の質問

何を手放しますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。