学校でえんぴつを食べて帰ってきます。

スイミングスクール

 

小2の我が子のことです。

学校でえんぴつを食べて帰ってきます。

から3センチほど芯まで食べてしまうのです。本人にどうして食べたいのか、どういう時食べたいのか、食べるとどんな気持ちになるのか聞くと、授業がつまらなくなると食べたくなる、と。怒るのは簡単ですが何も解決しないような気がして‥‥。

成長と共に行動が落ち着けばいいのですが‥‥。本人はケロッとしています。このまま様子見るだけでいいのか、何か解決策があるのか、悩んでおります。

 

はい、怒るのは簡単です。

そして、何も解決しません。

正解です。

 

 

その他、「鼻をほじる」「爪を噛む」「髪を抜く」などなど、子どもたちの心の状態がいろんなアクションになって現れることがあるのね。

それに大人は敏感でありたい。

けれど、過剰に反応してはいけないのよ。

 

 

その都度その都度、注意を与えるみたいな指導をしがち。

でも、それって何の解決にもならないんだよね。

 

 

結局、原因に目を向けないと、何も解決しないわけ。

 

 

んじゃさ、問題は何でしょうか?ってことを明らかにしましょう。

 

 

問題は鉛筆を食べることではなく、授業がつまらないこと。

まあ、これだって子どもの言葉だから「ホント」だけど「ホント」じゃないからね。

 

 

間違っても、「授業がつまらないからいけないんです!」なんて学校に電話しちゃダメよ。

 

 

じゃあ、授業がつまらないのはなぜか?

これをもっと突き詰めて考えるの。

 

 

先生の教え方が下手なのか?

それとも、学習内容が難しいのか?

はたまた、進度が速いのか?

小1での取りこぼしがあるのか?

いっしょに学ぶ友人との関係は?

先生との関係は?

 

 

…と考える材料はたくさんあるよね。

でも、まあ、このぐらいまで深いところに行っちゃうと、お母さんが考えるの、しんどくない?

 

 

わかる。

わかるわ〜。

不安だよね。

我が子のことだもん、不安だよ。

 

 

でもさ、本人はケロっとしているんだよね。

 

 

じゃあさ、注意深くだけ見ててあげよう。

見守っててあげよう。

 

 

たぶん、何かある。

でも、それは考えたってすぐには答えは出ない。

 

 

だから、悩んでるとき、苦しんでいるときは、すぐに飛び込んでこれるように、両手を広げて待っていようよ。

いつでも、お母さんを頼っていいよ、って。

ただ、それだけ。

 

 

解決しようとするから、心をすり減らすことになるの。

問題を解決できるのは本人だけ。

だって、変えられるのは自分だけでしょう?

 

 

だから、信じて手放すのね。

信じるってそういうこと。

鉛筆食ったぐらいじゃ、人間の身体なんてビクともしないわよ。

 

あなたに贈る魔法の質問

 どんなとき、信じられていると感じますか? 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。