息子が他の子を「お前呼ばわり」するんです。

子どもの言葉遣い

 

小2の息子がやたらとお盆休みに従兄弟と遊んだときに息子はやたらと『おまえ』を連発。

ちなみに息子が一番年下。相手は小4と中1。

私も、おまえはやめてくれる?と息子に言うも直らず。

そして気づいたのは、私が夫におまえ呼ばわりされてる?ことでした。

私もおまえと呼ばれるのは好きじゃないけど、いちいちそこに引っかかってると、もたないので、平気なつもりになってました。

かといって、夫におまえと言うのやめてくれる?とお願いしたところで変わらないのも明白の事実。

この場合私にできることってありますか。

 

まず、何が問題かを明確にしましょうね。

 

 

息子さんが「お前」と言うのが問題だとします。

それならば、そこにフォーカスします。

 

 

旦那さんが奥様のことを「お前」と呼ぶのが原因だとして、それを旦那さんが言わなくなったら息子さんは「お前」と言わなくなるのか、というとちょっと違いますよね。

 

 

相談内容を読んでいると、息子さんが「お前」と呼ぶことよりも、旦那さんに「お前」と呼ばれることに反応しているようにも見えます。

まあ、これは僕のジャッジです。

ジャッジはよくないです(笑)

 

 

さて、質問です。

逆質問です。

 

 

息子さんが「お前」って呼ぶことと、旦那さんに「お前」って呼ばれること。

どちらが心に引っかかりますか?

 

 

って考えるとね、ま〜たぶん、息子さんの言葉なんて問題じゃないわけでして。

だって、息子がお兄ちゃんたちのことを「お前呼ばわり」することなんて、自分の人生に1㎜も影響を与えないわけだしね。

 

 

年上のことを「お前呼ばわり」すべきではないってのも、固定観念だわね。

だいたい「べき」とか「ねば」が出てきたら、そういうものよ。

 

 

んで、僕らはそんな「べき」と「ねば」に反応して、「これは良い」「これは悪い」ってジャッジするのね。

ま〜、つまりさ、問題を問題にしているのは誰ですか?って話なわけよ。

 

 

 

んで、結局旦那さんに「お前」って呼ばれるのが嫌なんだよね。

そこは自分の人生に影響を与えるわけじゃん?

 

 

ってことはですね、「私にできること」は一つしかないわけですよ。

それは「リクエストする」です。

 

 

「お前って呼ばれるのは嫌」はリクエストではありません。

文句です。

不平です。

 

 

リクエストは、相手に受け取りやすい言葉で届けるギフトです。

人間関係を整えるお願いです。

なんかこれ、ムッチャいいフレーズですね。

天才だな、オレ。

 

 

 

なので、もう1回書いておきます。

リクエストは、相手に受け取りやすい言葉で届けるギフトです。

はい、コピペしました。

 

 

あなたが呼ばれたいお名前は何ですか?

それ、ハッキリしていますか?

 

 

そして、その言葉で呼んでほしいとリクエストしましょう。

まず、リクエストです。

 

 

えっ?呼んでくれない?

だ〜か〜ら〜、人生はできるかできないかじゃないの。

いい?

まず、リクエストしなさい。

 

 

「できることは何ですか?」という質問です。

まず、やってみる。

これが大切です。

 

 

ちなみに、僕は「くれちゃん」と呼ばれますが、できれば「くれちゃん♡」と呼ばれたいです。

大切なのはハートです。

 

 

「私は○○って呼ばれたいの!」ではありません。

「私は○○って呼ばれたいの♡」です。

やっぱ、ハートは大切ですなぁ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 呼ばれたいお名前は何ですか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。