どうしたら自分を認められますか?

買い物をする母と子

 

どうしたら自分を認められるようになりますか?

変わりたい!変わるためには自分を受け入れる。

でも、嫌いな自分を認めるのは難しいです。

私はずっと自分が嫌いでした。

大人になり少しだけ自分を認められるようになりましたが、子育てが始まってまた自分を嫌っています。

それは、自分が親に感じていた嫌な言動を思わずしていること。

そのことによって私のように自己肯定できない子に育ってしまうのではないかという不安。

なのに変わらない自分への嫌悪と苛立ちからだと思います。

そんな自分を心から100%オッケー!と思えません。

 

変わりたいんだね。

で、変わるためには

 

嫌いなものは嫌いでいいんじゃない?

自分のこと、嫌いなら嫌いでいいじゃん。

無理して好きにならなくていいじゃん。

 

 

OK!OK!

嫌いなままでOKだよ。

 

変えられるのは自分だけでしょ?

変わるのなんて1秒で変われる。

そこに「好き嫌い」は関係ないよね。

 

 

んじゃ、変えられるのは自分だけなんだけど、何を変えられると思う?

これ、ポイントだよ。

 

 

変えられるのは、行動なのさ。

考え方なんてそう簡単に変えられるもんか。

思考の癖は簡単には取れないさ。

 

 

だから、考えない、考えない。

悩む時間が無駄ですわ。

そんなことはどうでもいい。

 

 

変えるなら行動を変えよう。

この星は「行動の星」だからさ。

動いたヤツの人生は動くし、動かないヤツの人生は動かない。

ただ、それだけ。

 

自分のこと、嫌いなままでいいよ。

自己肯定感ゼロでいいよ。

 

 

そのままでいいから、たった一つのことをやってほしい。

それはね、我が子の「今日がんばってること」「今日輝いてたところ」。

たった一つでいいから毎日見つけてごらん。

 

 

そして、見つけたものを感謝とともに伝えよう。

「こんなとこ、すごいね。ありがとう」って。

感謝とセットがポイントだよ。

 

 

1日1回でいいから続けてみて。

行動したら変わるから。

考え方なんて変えなくていいからさ。

行動を変えてみようよ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

うまくいってることは何ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。