「与える」は自分を満たしてからだよ。

ビジネスプロデューサーになる

 

「聴くは与え、話すは奪う」

なるほどと思い読ませていただきました。

https://happy4teacher.com/?p=4556

 

「くればやし先生のスベらない話」

というコーナーでは、

子どもたちが聞いてエネルギーを

もらっていたんですね。

https://happy4teacher.com/?p=1148

 

『話すは奪う』

くればやし先生の朝の会は

『話すは与える』

になっていたんですよね

この違いはなんだろう?と

考えています。

 

答えはカンタンだよ。

俺、説教とかしないもん。

みんなが笑って朝から元気になればいいやってだけで話してたの。

みんなを満足させるために話してた。

 

 

「学校の先生っぽい話」とか、してないから。

「ほら、俺、良い話してるだろ〜っ?」みたいなのない。

超絶くだらない話しかしてない。

 

 

だって、これは一方的なスピーチだから。

僕がね、「聴くことが与えるだよ」って言ってんのはさ、対話だよ。

 

 

たとえば、子どもが相談に来るでしょう。

そうすると、先生は子どもの話を聞いて、自分でジャッジして、アドバイスをすぐに送りたがる。

 

 

ところがさ、アドバイスは添加物なわけよ。

https://happy4teacher.com/?p=6219

 

ところがさ、先生ってのは「先生が上で、児童生徒が下」と思ってる。

自分の方が優れていて、子どもには何かを「教えなければならない」と思ってるわけ。

 

 

だから、結構僕の書いてることに反発を覚える先生は多いんだよね。

お前ら、子供より先に生まれただけだから。

別に先生が上で子どもが下なんてことはないんだよ。

 

 

すぐ、アドバイスをしようとするけどさ。

まずはよく聴くんだよ。

 

 

昔ね、ある女の子がね、「先生、聞いて♫」って言ってきたの。

僕は自分の手を止めて、「うん、いいよ」って答えたんだ。

 

 

そして、教卓の横にあるパイプ椅子に腰を下ろさせたんだ。

 

 

彼女はね、お母さんとの折り合いが悪かった。

だから、お母さんの話をずっとしてたんだ。

 

 

それで、僕は尋ねたんだ。

「先生にどうしてほしい?」ってね。

 

 

そしたら、彼女はこう言った。

「先生、もっと話を聞いてほしい」って。

 

 

僕は「いいよ」って答えた。

それから30分ぐらいかな。

家でのお母さんの様子、お母さんとのやりとり。

いっぱいいろんな話をしてくれた。

 

 

僕はそれをただただ聞いていた。

時に質問を交え、彼女の話を引き出した。

 

 

僕の考えなんて伝えない。

僕はただ聞いていただけだった。

 

 

会話が途切れたので、僕は再び尋ねたんだ。

「どう?満足できた?」

 

 

そしたら、彼女はこう言った。

「うん、満足した。大丈夫!」ってね。

 

 

それで、僕はこう話したんだ。

「また、おいでよ♫」

 

 

彼女はニッコリ微笑んで、席を立った。

それだけ。

僕がやったのは、ただ聴いただけなんだ。

 

 

何も解決なんてしてないよ。

アドバイスもしてないよ。

それでも彼女は満たされたのさ。

 

 

彼女の問題を解決するのは彼女なんだ。

これは僕の問題ではない。

そこを僕は明確に切り離している。

 

 

そして、彼女には自身の問題を解決するだけの能力があると、僕は信じている。

神様はその人に解決できない問題を用意していない。

 

 

だから、目の前の人のエネルギーさえ満たしてあげれば、必ず課題を克服できる。

僕は子どもを信じているからこそ、アドバイスなんてしない。

 

 

「お前はどうしたいの?」

「お前にできることはなんだよ?」

それしか尋ねない。

 

 

朝の話も一緒だな。

子どものエネルギーを満タンにする。

それだけでいい。

 

 

エネルギーを奪う先生が多いんだよ。

与えるって難しいよ。

 

 

与えるために大切なことがある。

それはね、自分自身を満たすことだよ。

 

 

子どもの話を30分聴く。

ただ聴く。

どんなに忙しくとも、手を止めて児童生徒の話に集中する。

 

 

それはね、それをしている自分が好きってこと。

ただそれだけ。

子どもの言葉に耳を傾けてる自分が好き。

その瞬間こそが先生をやっててよかったなぁって思う瞬間。

 

 

まず、与えるが先。

でもね、満たされていないと与えることはできないんだよ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 どんな自分が好きですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。