アドバイスは添加物♪

肩車された女の子

お母さんのための学校passion life college。

カレッジ生の友理ちゃんの名言から子育てを考えたい。

 

 

今日の名言は「アドバイスは添加物」だ。

 

 

昨日は長男くんが定期テストを持って帰ってきた。

「あの問題があ〜で、こ〜で」

「ここはうっかりミスで」

 

 

いろんな話をしてくれる。

僕はそれを聞き流す。

 

 

ついついアドバイスを送りたくなる自分を知っているので、深くは聞かない。

「そっか〜、なるほどなぁ」と言って、ただ聞く。

 

 

まあ、それにしても、面白いのはね、僕自身の視線の動きだよ。

まず、点数に目が行く。

高ければうれしいし、低ければ「おやっ?」って思う。

 

 

次に間違えた答えに目が行く。

いいところに目を向けようとかブログで書いてるクセにね(笑)

マイナスなところにフォーカスしてしまうあたり、人間臭い。

 

 

まあ、普通ならここでアドバイスが始まり、時にお説教しちゃう親父もいるんだろうけど。

アドバイスとかお説教なんてのはさ、大人が子どもにふりかける添加物みたいなモンだよね。

 

 

こっちはよかれと思ってふりかけてるんだけど。

少しずつ体内に蓄積されてアレルギー反応を起こしちゃう感じね。

 

 

大人がごちゃごちゃうるせ〜と、子どもは窮屈になっちゃうのね。

ほっときゃいいのよ。

 

 

あたたかい飯を作る。

あたたかい風呂を入れる。

あたたかい布団を用意する。

まあ、つまりあたたかい家庭をつくる。

 

 

あとは、本人のやりたいことを応援する。

送迎と金銭面ね。

 

 

そのぐらいじゃない?

親のできることなんて。

 

 

意図した通りに子どもなんて育たないよ。

その子はその子の育ちたい方向に育つんだもん。

 

子育てに迷ったときの魔法のしつもん

お説教されると、どんな気持ちになりましたか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。