ほめてもいいの? いけないの?

叱らない子育て ほめない子育て

オトナにもっと見られたいの♪

子どもたちを集めて「魔法の質問」の講座を行いました。

 

名づけて、

『ハッピーな先生の夢を叶える教室』

 

 

昨日のテーマは

「人にほめられたことを思い出す」

 でした。

 

 

 

親や先生から、

 どんなことをほめられたましたか?」

 

 

みんなで「しつもん」に答え、浮かんできた答えをシェアし合いました。

 

「テストの点数がよかったとき!」

「◯◯ができたとき」

 

 

結局、あれだね。

結果をほめられているんだな。

オトナって、結果をほめる。

 

 

 

一方、「どんなことをほめられたい?」という「しつもん」の答えがおもしろかったな。

 

「オトナって、がんばってるところ、見てないもん」

「ほめてくれるんだけど、(ほめてほしいのは)そこじゃないのになって思う」

 

 

そう!

がんばってるところを見てもらいたいの。

結果ではなく、過程なんだな。

もっと過程を見てもらいたいんだ。

 

 

ほめられると「ヤル気」が出るんだって。

ほめられると、どうなるの?って尋ねたのね。

 

「もっとがんばろう!ってヤル気になるよ」

 

そんな答えが返ってきたの。

なるほどなぁ、って思う。

 

 

あのね。

「ほめていい」とか、「ほめてはいけない」だとか。

あ〜だ、こ〜だ、言うけどさ。

そんなの、ほめたきゃほめれば良くねーか?って思う。

 

 

子育てを難しくしてるのは、オトナの方だよな。

 

 

正解を求めるから、いろんな育児書を読むでしょ。

勉強会とか参加しちゃうでしょ。

 

でもさ、でもさ。

それ、子育てを余計に苦しくしてないかい?

 

叱っちゃダメと言われるから叱らない子育てを始めてみる。

ほめちゃダメと言われるからほめない子育てを始めてみる。

 

 

それ、なんか疲れない?

 

 

子どもは「ほめられたいんだ」って。

オトナだってほめられたらうれしいもん。

人間なんて、そんなもんでしょ?

 

 

いいじゃん!

ほめていいんだよ。

 

 

ただね、結果ばかりをほめてしまうところがあるからね。

過程をほめてあげようよ。

がんばりをねぎらってあげよう。

 

本能でやればいいんだよ。

正解なんてないんだもん。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

がんばってる姿を、どんどんほめてあげればよくない?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。