分かち合ってこその家族だべ。


 

くれちゃんは、自分のお子さんを叱る時はありますか?

叱る時があるなら、それはどんな時ですか?

親も人間。時に感情的に叱ることもありますか?

そのあとのフォローは?

叱るよね、叱る。

あったりまえじゃん!叱るよ。

だって、人間だもん。

 

 

なに、叱らない子育てって?

意味不明ですわ。

 

 

ただね、叱ることと叱らないことの区別はムッチャあるね。

 

 

たとえば、宿題をやらなかったとしよう。

そんなことは叱らない。

俺の人生にあいつらの宿題は1ミリも関係しないから。

 

 

夜更かししようが、寝坊しようが叱らない。

そんなの俺の人生に関係ないし。

 

 

でもさ、食った菓子の袋をそのまま床に放置するんよ。

それ、片付けるの、俺なの。

我が家、僕がその気にならないとゴミ屋敷になる(笑)

 

 

この、彼らが放置したゴミは、僕の人生に大きな影響を与えるわけ。

だから、「おい、捨てろ」となる。

んで、奴らが「それは僕じゃない」「あれは妹だ」「こっちは弟だ」とやり出す。

 

 

「うるせ〜、とりあえず、捨てろやっ!」となる。

以上。

 

 

俺のテリトリーを犯すな。

 

 

電気がつけっ放し、エアコンつけっ放し。

誰が働いてそのお金を稼いどると思っとんの?

また彼らは「それは僕じゃない」「あれは妹だ」「こっちは弟だ」とやり出す。

 

 

「うるせ〜、とりあえず、消せやっ!」となる。

 

 

次から次にコップを使う。

水分補給のたびに、新しいコップを使う。

洗って同じコップを使えばいいのに、次々に使う。

それを洗うのが僕だったりする。

 

 

「洗えや!」

「っていうか、せめて流し台に下げろや!」

ぐらいは言う。

 

 

世間の目がどうとか、子どもはこうあるべき、とかそういうのはない。

っていうか、どうでもいい。

学校を休んでも構わない。

 

 

世間の目があるから叱る、みたいな人って多いよね。

僕はそこ、どうでもいいの。

人が自分のことをどう思おうが関係ない。

じゃなきゃ、SNSに変顔は載せられない(笑)

 

 

家族ってさ、トータル10やることがあったら、それをみんなで分かち合う必要があるんだよな。

俺が3やって、妻が5やって、子供たちが2やって、みたいにトータル10を全員でやるイメージね。

 

 

だからさ、誰かが床にゴミを捨てたら、誰かがそれを拾わないかんわけ。

誰かが使ったコップは、誰かが洗うわけ。

自分がやらないと、愛すべき家族の誰かがそれを補うわけさ。

 

 

だから、それはやれよ、と。

自分のケツは自分で拭くんだぜ、ってのはあるね、我が家。

 

 

宿題なんぞやらなくてもいいの。

そのケツを拭くのは本人でしょ?

寝坊したっていいの。

そのケツを拭くのは本人だもん。

 

 

つまりさ。自分のケツを人に拭いてもらおうとするような無責任なときは叱るね。

「それ、家族としてどうよ?」って。

 

 

ただ、僕が年老いたときは、お尻は優しく拭いてほしいよね。

これは、お父さんからのお願い♡

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 叱ったあと、どんな気持ちになりましたか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。