大人の先回りが子どもの貴重な経験を奪うのさ。

ジャングルジムで遊ぶ子ども

街中で時折、

むちゃくちゃ大きな声で叱っている親を見かける。

そんな大声で叱らなくてもなぁ…と思ったりする。

 

 

先日も、公園で次男坊と遊んでいたら、

一人のお母さんが大声で我が子を注意した。

 

 

「何してるの!ダメでしょ!そんなところ、登ったら」

「ほら、降りられないじゃない!何してるの?」

 

 

それはそれは大きな声で、お母さんは我が子を叱っていた。

近くの親たちは眉をひそめた。

 

 

なぜって?

 

 

だって、そこはジャングルジム。

そう!

どこにでもあるジャングルジム。

 

 

とっても大きなジャングルジムで、

たくさんの子どもたちが登っていた。

うちの次男坊もそうだった。

 

 

だから、

「何してるの!ダメでしょ!そんなところ、登ったら」

と言われて、我が子がジャングルジムで遊んでいる親たちは、一瞬キョトンとしてしまったわけだ。

 

 

まあ、小さい子だったから、登ったら降りられなくなることもある。

こういうことってあるよね。

 

 

登ったけど、降りられないってこと。

 

 

あのね、大人は降りることまで考えるじゃん。

ハイキング行っても、帰る体力ないかもな〜って思ったら引き返すじゃん?

大人はさ〜、最後まで見通しをもって行動するわけ。

 

 

一方、子どもはさ、「今ここ」だよね。

この瞬間が大事。

 

 

帰れるかどうか、とかじゃないの。

登りたいから登るの。

 

 

なぜ、山に登るか。

そう!そこに山があったから。

 

 

子どもがなぜジャングルジムに登るか。

そう!そこにジャングルジムがあったから。

以上!

 

 

降りられるかどうかなんて気にしない。

遠足は家に帰るまで遠足です?

 

 

NO!

子どもたちは「ワクワク」への一方通行!

 

 

それでいいんだよ。

だって、子どもだもん。

子どもは子どもらしいのが一番でしょ?

 

 

幼稚園児が将来のこと考えて行動してたら、ちょっと気持ち悪いべ。

そうじゃね?

 

 

あの、わけわからん無鉄砲さがいいんでないの?

 

 

でさ、やっぱお母さんは失敗させたくないわけ。

人様にも迷惑をかけたくないわけ。

だから、先回りしちゃうよね。

子どもの行動の先回り。

 

 

わかる、わかるよ。

大人が唯一優れているのは、子どもより経験が豊富だってこと。

だから、「こうしたらこうなる」っていう見通しが立つ。

 

 

「あ〜、たぶんジャングルジム登ったら降りられないんだろ〜な〜」という予測ができるわけさ。

でもさ、考えてみて。

 

 

それで、子どもの行動を制限したら、どうなると思う?

登ったら降りられないこともあるっていう経験を奪うわけじゃん?

子どもから貴重な経験を奪うんだぜ。

 

 

それやっちゃうと、「帰るまでが遠足」が伝わらなくなるぜ。

遠足行って「帰らぬ人」になったら困るよね。

 

 

 

大人が先回りしたら、いかんのよ。

いい?

「親はなくとも子は育つ」だからね。

 

 

黙って見守る。

本当に困ったら手を貸す。

 

 

それでいいんじゃね〜かな?と思うわけさ。

 

 

魔法の質問

この子が本当に必要としていることは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。