どんどん失敗させてあげたらいいんだよ。

失敗させてみる勇気

声を張り上げて

「あ〜しなさい」

「こ〜しなさい」

と指示を出す。

 

子どもたち、叱られたくないから、言う通りにします。

顔は怯えています。

 

「ほら、見ろ。俺が言った通りにすれば結果が出るんだ」

 

そんなことを言う指導者がいます。

親がいます。

 

ちょっと待ってください。

本当に、それでこの子は成長していますか?

その成果は成功体験と呼べますか?

 

 

人生は、なんとなく成功してしまうこともあります。

そんなとき、成功の理由はわかりません。

 

でもね、人生って失敗から学ぶことの方が圧倒的に多いのです。

私たち大人は、そのようなことを経験を通して知っています。

 

 

失敗ほど貴重なものはありません。

失敗ほど愛おしいものはありません。

 

 

でもね、そこは親心。

我が子には失敗などさせたくない。

 

 

うん、僕もそう。

だから、子育ては難しい。

理屈じゃないもん。

失敗が大事なのはわかるよ。

でもね、失敗させたくないよ。

だって、親だもん。

 

 

だかはこそ、意識してちょっとだけ待ってみる。

信じてみる。

勇気を出してみる。

 

失敗することがわかってて、失敗させる。

これほど苦しいものはありませんね。

 

でもね、信じて手放してみる。

結局、信じられている子は伸びるのですから。

 

そう。

つまりはね、子育てって親が親として育てられる場

我が子が磨いてくれてるの。

 

先生だって、同じ。

児童や生徒が人間として磨いてくれてるの。

そう思えば、すべては愛おしい存在です。

 

 

だからね、

ちょっとだけ、

意識を変えてみるんです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

人間は失敗から学ぶんだからね。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。