叱っちゃいけないは苦しい。

叱らない子育て 苦しい

「叱っちゃいけない」って言うけれど.

ついつい叱ってしまいます。

 

叱っちゃいけないって苦しいの。

「こうでなければならない」って苦しいの。

 

それで、堪えて堪えて。

堪えたんだけどね、堪忍袋の尾が切れて。

 

ついつい声を荒げてしまうこと。

僕は何度もありました。

 

学校の子どもたちなら我慢できるのにな。

なんでだろう。

我が子には難しいの。

 

これって、水泳の息つぎみたいなものでね。

我慢してると苦しくって。

苦しくって、苦しくって。

 

ついつい。

ついついだよ。

 

わかってる。

わかってるんだ。

 

でもね、叱っちゃうんだ。

で、後悔する。

落ち込んじゃう。

 

 

でもね。

叱ったっていいんだよ。

「こうでなければならない」は苦しいんだ。

 

ただ、これだけは知っておいてほしい。

感情をぶつけちゃいけない。

 

子どもに怒りをぶつけないで。

子どもに悲しみをぶつけないで。

 

思い通りになっていかないのが子育てだもん。

怒りも、悲しいも感じるよ。

でも、子どもにそれはぶつけないで。

 

感情的に叱りたい自分を受け入れよう。

叱ったあとで後悔するんでしょ?

だから、もっと自分に優しくなろう。

 

こういうとき、呼吸ってホントに大事。

怒ってるときって、吐くのを忘れちゃうのね。

吐くの、吐くの。

深く吐くの。

 

あ〜っ!叱りたい!

そんなときは、まず吐くの。

吐くことを意識するといいよ。

 

変えられるのは、いつだって自分だけだから。

 

吐くことを意識してみよう。

自分を客観視できるようになるから。

 

「腹立ってるねー、自分!」

「なんでそんなに腹立ってるのさ、自分!」

自分に語りかけられるようになるから。

 

子どもたちを育てているように見えるけど。

ホントは子どもたちに育ててもらってるんだよ。

 

手のかかる子ほど、あなたを磨いてくれる愛おしい存在なの。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

叱りたくなったら、息をぜ〜んぶ吐き出してみる。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。